ANSP2O(26)〜ヨドバシ〜  Mr.臙脂

  • 2017.10.16 Monday
  • 00:00
どうなさいました?
No.26「ヨドバシカメラにいると、便利な機械が発売されてて、それに感激興奮し、無性に同じコーナーにいる見ず知らずの人に話かけたくなります。変な子におもわれてしまいますか。」
(1stはこちら
医療面談結果
変な子ではありません、変化に富んだ子です。
家電製品の発達は目覚ましく、ユーザーのニーズと革新技術を上手く融合させた利便性の高い商品が多くあります。
ヨドバシカメラなどの大手大型家電量販店では、詳細なマーケティング調査とメーカーからの販売促進の意向を踏まえた商品の特集・特売を企画し、新商品の魅力を端的にアピールするコーナーがあり販売員から説明を受けられます。
あなたがお感じになった感激興奮こそ、それら便利な機械に関わるメーカー・量販店の期待するところであり、その機械の長所を的確に理解した証として関係者に歓迎される感情です。
あなたと同じ機械を興味深く見つめる見知らぬ方がすぐ近くにいた場合、感激を分かち合いたくなる衝動は正常であり、それは共感というものです。
話しかけたくなるまでは正常、後は見知らぬ方が話しかけても良さそうな雰囲気かを察すれば良いだけです。
話しかける一例としては、店員さんに当該商品について尋ねた後もその場で購入を逡巡している方に、『この商品いいですよね』などと言ってそれとなく話しかけることが考えられます。
言うまでもなく、店頭において話しかけても差し障りのないお相手は店員さんです。当該商品についての知識もあると予測され、話しかけることであなたの感激興奮を更に高めてくれる可能性があります。
話しかけて感激興奮を共有したい衝動に駆られつつも適切なお相手がいない場合、SNSなどで発信なさることも欲求を満たす一助となるはずです。
念のため、感激興奮を無意識に大きな声で独り言として発していることがないかはご注意ください。
お大事にどうぞ。

馬券の現実(64)〜秋華賞回顧〜 たりき

  • 2017.10.15 Sunday
  • 20:49

網を広げすぎたこと。それと素直さが足りなかったこと。。

 

続きを読む >>

潜入を図る Mr.Indigo

  • 2017.10.15 Sunday
  • 19:25

―雑兵日記PREMIERダイジェスト、今回は絶大な人気を誇る悩み相談室に潜入したいと思います。まずはネットで情報を調べてみましょう。

『※明るい悩み相談室PREMIERではあなたのお悩みを受け付けております。ブログにコメント、投票時にコメント、ハッガリーニにメール、電話、伝書鳩、のろし、などの手段でどうぞ。』

―なるほど。今回は相談室への潜入が目的ですから、メールも電話も無理。伝書鳩は帰巣本能で移動するから、場所がわからないとダメか…。どうしたものですかねぇ。悩ましいなぁ…ん?そうか!相談室への潜入方法をまず相談すればいいんですよ。とりあえずハッガリーニさんにメールしてみましょう。ではレスポンスが来るまでCMです。


<雑兵日記PREMIERの予想といえばPスポ!テーマコンテストだけまるで当たらない本紙担当・渡海文殊が9月の予想を振り返ります>

「…面目ない。すまん」

<本当にテーマはかすりもしないですね。MVPはガチガチとはいえ3着まで的中。最優秀作品も1つは取ってるのに…。厄払いでもした方がいいんじゃないですか?>

「厄除なら良い先輩を知っておるが…」

<やっぱり駄目。逆にテーマを当てるまで晒し者にしましょう>

「…くぬぬ」

<MVPが完璧だったし、クビというわけにはいきませんからね

「…うむ」

<では次の予想をお楽しみに!>


―回答が届きました。読んでいきますね。

「明るい悩み相談室PREMIER、本日の担当医がりはです。こんばんは。今日はどうされましたか?」

―明るい悩み相談室PREMIERに潜入したいのですが、どうすれば良いのかわかりません。うまい方法はないでしょうか?

「ほうほう、わっかりますわっかります。なにせ万人の悩みに対して真摯に向き合い、時には心に響くメッセージで力を与え、時には経験談から説得力のある助言を行い、また時にはユーモラスな表現で心をリラックスさせるなど、多様な処方であらゆる悩みを解決へと導いてきた当相談室。見てみたいというあなたの欲求は至極当然のことでしょう」

―うんうん。そりゃ知りたいですよね。

「しかし、考えてみてください。見た目というのは、その物事のひとつの部分に過ぎません。実際に目で見ることによって、かえって物事の本質を見失う危険性を孕んでいるのです。

『見るのではない…感じるんだ…』

名作少年漫画『ドラゴンボール』において、ピッコロ大魔王は愛弟子である孫悟飯にこう伝えました。まさしくそれが真実なのです」

―なるほど!あの名言は日常生活にも通じるものだったのですね。

「私がインターネットを通じてあなたに見せているのは問題解決人という私の本業であり、そこに私および当相談室の本質があります。見るのではなく、回答から感じ取ってください。当相談室が渋谷にあろうがシベリアにあろうが、私が桑田佳祐に似ていようが桑田真澄に似ていようが、その本質には関係ないのです。ゆえに当相談室に潜入することに時間と労力を費やす必要はありません。あなたが私のこの回答を導き出したことで、既に潜入は成功しているのです」

―そうですね。うん、そうですよ!

「お大事にどうぞ」

―いやぁ、さすががりは先生。目から鱗が落ちましたよ…えっ!?さっきからクレームの嵐?とりあえず本日は失礼します!


<この番組は、Pスポの提供でお送りしました>



馬券の現実(63)〜秋華賞予想〜 たりき

  • 2017.10.15 Sunday
  • 00:10

牝馬クラシック最終戦、秋華賞の予想です。前哨戦のローズSで上位人気が人気を裏切っただけに予想が難しいですね。人気も割れています。こういうときにバシッと的中出来たら格好いいんですが。。

それでは過去の傾向から。

 

続きを読む >>

馬券の現実(62)〜毎日王冠、京都大賞典回顧〜 たりき

  • 2017.10.14 Saturday
  • 18:08

遅くなってしまいましたが先週の回顧記事を。これまでこの2重賞は的中した記憶がないんですが、今年もなかなか。

 

続きを読む >>

最優秀作品賞受賞を受けて Mr.マルーン

  • 2017.10.14 Saturday
  • 14:55

こんにちは。マルーンです。
秋が深まってまいりました。秋の味覚は皆さまお召し上がりになりましたか?
秋鮭、きのこ、お芋、秋刀魚、かぼちゃ、梨、ぶどう、新米…等々。うーんおいしそう。よだれが出てきますね。
私はこの間NHKの今日のりょうりで土井先生が作ってらした栗ジャムからみ餅が食べたくて食べたくて、とりあえず栗を調達してみたところです。今週末は生憎のお天気で山にも行けませんし、おうちで楽しめる秋を楽しもうと思います。

さて、このたびは最優秀作品にお選びいただきありがとうございます。投票してくださった皆さまに心より御礼申し上げます。
私の拙い文章と写真で「山に行きたくなった」というコメントをいくつも頂いて、山に興味を持ってもらえてうれしいなあと思いつつも「山に行きました」というコメントはなかなか頂けませんね。
行きたいと思ったら行ったらいいのに!行きましょう?ね?
今、一番いいシーズンですよ。
山の秋は緯度と標高の高いところから順番にやってきます。今、標高2000mあたりを過ぎたぐらいかな?
低山でも涼しいですし空気が澄んでいるから晴れれば遠くまで見えますし、紅葉にススキの原はもちろん、ドングリを拾ってみたり、道端のきのこを眺めてみたり、虫の声に耳を傾けてみたり、いろんな楽しみ方があります。
味覚に視覚に聴覚に触覚に、秋は楽しいことだらけ。
皆様もぜひあたたかくしてお出かけくださいね。
魔法瓶にあたたかいコーヒーやミルクティを入れて山の上で飲んだりするととても満ち足りた気持ちになりますよ。
ああっ私も山に行きたくなってきました。オールドファッションシナモンとコーヒーをまったりとやりたいところです。
まあ、つい先週死ぬ思いをしたところなのですけど。
むー秋雨前線が憎い。早く晴れないかなー。

【テーマ】小学六年生の祈り by Mr.ヤマブキ

  • 2017.10.13 Friday
  • 23:30

 僕は運動が苦手だ。走るのも遅ければ、球を投げるのも打つのも受けるのもダメときている。だから体育の時間も嫌でたまらない。せいぜいできるだけかっこ悪くないようにと思うのだがそう簡単に体が言うことを聞いてくれれば運動音痴になんかなりはしない。つらいのは団体競技のときで、迷惑のかからないようにとだけ思っても結局やってしまう。ドッヂボールは簡単に当たるし、サッカーやバスケなんかこっちにボールが来ようものならスルーみたいなもので、相手ボールになるのが関の山。

 

 Aちゃんたちはいつも三人でBくんの応援団をしている。運動会の練習でBくんはリレーのアンカーをしていてその三人が取り巻きになって黄色い声援を送っている。一方の僕は玉入れみたいな当たり障りのない競技に紛れておくつもりだった。だが担任の先生があろうことか僕をリレーメンバーに入れてしまったのだ。なんでも、ダントツで速い三人が同じクラスにいるので最後の一人は走るのが得意でない人を入れて一生懸命頑張るほうがいい、ということらしい。逆らい難い教室の力学によってリレーメンバーが決まったとき言いようのない怒りと悲しみが湧いた。リレーの練習の段階ですら見せ物だ。他のクラスにも僕がメンバーになることが知れて冷やかされる。Aちゃんが練習に見に来るのは嬉しいけれども、こんな自分を見てほしくない恥ずかしさが上回っていた。

 

 練習を重ねても急に足が速くなるわけでもなく、何かできることを探して、神社に通った。家に帰る前に近所の神社へよって毎日お祈りをした。多くないお小遣いから、毎回百円を入れた。それくらい本気だった。

 

 運動会当日、お母さんには自分なりに頑張ればいいのよ、と言われた。でも頑張ってこの有様なのだ。順位が悪ければ自分のせいだ。リレーの順番が回ってくる。緊張してたまらない。望み叶えたまえ、望み叶えたまえ……。そう呟いていると前の走者がものすごいスピードで突っ込んでくる。スタートしてバトンを掴もうとすると手を滑らせる。立ち止まってバトンを拾う数秒に刺さる視線が痛い。串刺しだ。会場から漏れ聞こえる同情的な溜息から逃げるように走る。カーブに差し掛かると今度は足がついてこなくなって頭からこける。絶望的な気分で天に祈る。

 

 望み叶えたまえ……。

 

 すると運動場に神が現れた。僕は奇跡に震えた。神は口から炎を吐き出し運動会の全てを燃やし始めた。望みが叶ったのだ。速く走れるようにだなんて祈りではない、この残酷な運動会全てを燃やし尽くすという祈りが通じたのだ。Bくんも、担任の先生も、お母さんもAちゃんですらも燃えていく。僕も燃えていく。足が速いも遅いもない、ただ一握の灰になってしまえばみんな平等で、つらいことなどないのだ。燃え尽きてしまえ。

鉄の海(69) by Mr.ヤマブキ

  • 2017.10.12 Thursday
  • 00:00

 Mさんの一人娘はすぐに来た。

 

「初めまして、主治医のKです。娘様は、病状はどんな風に聞かれていますか」

「その、肺癌で抗癌剤の治療をしていて、でももう抗癌剤の治療は難しくなってきたって聞いています」

「そうなんです」

 

 理解度を試していることになってしまうのかもしれないが、人によっては癌であることすら知らされていないこともあるので前提の共有、誤解があればそれを解くという意味でこの作業は重要だ。

 

「癌を倒していくのは体力的にも難しくなってきています。今後はどうやって癌と付き合ってどこで過ごそうかということを相談したいと思っています」

 

 新しく登場した娘にも気は遣うが、あくまで主役はMさんだ。

 

「過ごす場所はいくつかありますが、普通は二択です。まずは今過ごしていらっしゃる自宅です。あるいはホスピス、と言ってしんどさを取ることを目的とした緩和治療を手厚く行ってくれるような病院です。Mさんは、Mさん自身の希望だけを考えたとき、どんな過ごし方を望まれますか」

「やっぱり過ごし慣れた家がいいです。でも妻は大変だと思うんです。多分、僕のオムツを替えたりしないといけないでしょう。そういうことはさせたくないと思うんです」

「奥様はどうでしょう。正直な気持ちをおっしゃってください」

「私はこの人が帰りたいというなら何でもしたいと思っています。オムツ替えるくらいならしますけど、何かあったらと思うと不安なんです。それだけです」

「概ね自宅で過ごしたいとお考えですね。自宅で、となるときにハードルになるのが介護のことと、体調のことです。丁度お二人が気にかけていらっしゃることですね。介護保険を使って毎日ヘルパーさんに入ってもらうことができますが、もちろん一日中いてくれるわけではないので確かに奥様含め御家族にもある程度頑張ってもらう必要はあります。また、何かあったらどうしようという不安もあると思います。24時間対応の訪問看護師や往診医を依頼して対応してもらうことができます」

 

 無音の中にそれぞれの思いが交錯する。

 

「お父さん、私もお母さんの手伝いするから、帰りたいなら家で過ごしなよ」

「往診の先生が来てくれるなら安心ですし。私はいいですから」

「いつもお母さんにわがままばっか言ってるのにこんなときだけ遠慮してどうするの」

「……僕はまあ、帰れるならうれしいけどね」

 

 その一言で終の棲家は決まった。

 

「分かりました。ではできるだけ早く帰る準備をしていきましょう」

結果発表!!

  • 2017.10.11 Wednesday
  • 23:26

ZPGP統括本部長A.ハッガリーニです。

まだまだ暑いですね。

ハワイにかわってもしかして日本が常夏の座についたのかもしれません。

それならそうと早く教えてほしいもんです。


お待たせして申し訳ありません。
今回は12名の投票をいただきました。

大変お忙しい中ありがとうございます。

投票してくださった皆さんには大変感謝しております。

また様々な都合で投票を断念された方々、また来月お待ちしております。
それでは早速、発表に移りたいと思います。

まずはテーマ「ツキ」コンテストから。
今回は7名と大混戦。

しかもみんな素晴らしい出来でした。

さて結果は・・・

 

【テーマ】ツキを呼ぶ男  うべべ

 

唯一3票を獲得して薄氷の勝利。

おめでとう!!

激戦を制し健在を示すとともに、勢いに乗るがりはの連覇を止めました。

さすが外の世界でも賞を立て続けに獲っている男!

来月のテーマを決めてもらいましょう。


次に最優秀作品の発表です。
今回も本命が見えない中、手探りで投票をされた方が多かったのではないかと思います。

そんな混戦を制したのはこの作品たちです!
 

やまがある日記〜乗鞍岳(3026m) Mr.マルーン

アリ・ホッグァー(ari hogguah)へのインタビュー がりは

2016年12月を丁寧に過ごす(完) Mr.アールグレイ

 

 

3票を獲得した3作品が同着でならびました。

Mr.マルーン、素敵な写真満載の作品をありがとう。連覇おめでとう!!

Mr.アールグレイ、お疲れ様でした。感動すら覚えました。初戴冠おめでとう!!

がりは、アリさんて誰よ。久しぶりのこのベルト、おめでとう!!

みなさん、記者会見をお願いします。

 

 


最後にいよいよMVPの発表です。

13本で並んだたりき、がりは、充実のヤマブキ、年が明けたアールグレイというレース展開かと思われましたが。。。

2017年9月度MVPはこの人です!

 

がりは

 

半数の6票を獲得したがりはがMr.ヤマブキら後続を抑えて快勝。

おめでとう!おめでとう!

 

ベストコメントの発表をお願いします。


全投票結果は下記をご確認ください。

2017年9月度投票結果

 


雑兵日記PREMIERはこれからもずっと続いていきます。
その活動を支えているのは皆さんの投票に他なりません。

あなたも是非、投票してみてください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

明るい悩み相談室PREMIER(252)〜すべり〜  がりは

  • 2017.10.11 Wednesday
  • 00:33

明るい悩み相談室PREMIER、本日の担当医がりはです。

こんばんは。

今日はどうされましたか?

 

ハードボイルド悩み相談室PREMIERが、若干スベッた感を否めません。何とかして美味しくしてください。

 

ほうほう、わっかりますわっかります。

なにしろ250回を超えてますますキレを増す(誰も言ってくれないから・・・)この明るい悩み相談室PREMIERも「あかん、これすべった・・・」と思ったことや、もっとまずいことには「これすべるやろうなあ・・・」ということが時に起こってきたからです。

将棋において悪手は往々にして長考後に訪れます。

悩み相談においてもすべるのは長考した後であることが多いです。

しかも、将棋と同じく指した直後、リリースした直後にすべると直観するのです。

とはいえ、とは言えですよ、待ったはできないので戻せないと。

直近では251回がそうでした。

世代間ギャップに関するお悩みでしたが、リリースした直後に「クラシックに世代は関係ありますか?」という問いかけを思いつきました。

なぜあのような狭い範囲で答えてしまったのか。

さらに荻野暢也先生の「ロリコン親父の定理」を紹介して世代を気にするのなんて20代と30代くらいのものだよ、80代と90代、いや10000代と10010代(2進数みたい!)で世代なんか気にするだろうか、気にしませんよね、という話もあります。

これらを組み立てたうえで軽くJ−POPのカラオケ特化ぶりにふれ、最後にミスチル歌っておけばぐっと話の強度が上がったのではないかと思います。

これなんか、コネてる間はまったく思いつきませんでした。

時間に追われてリリースした瞬間、びびびびびと思いつくわけです。

そして私は重い重い後悔の念とともにヤマブキとの打ち合わせを続けました。

こんな経験、ありませんか?

 

うべべさんがどんな執筆環境でいらっしゃるかはわかりませんが、悪手を減らすためには編集者のような外部機能を持つと良いと思います。

自分の著作を人に預けるタイミングを持ち、そこで生まれたびびびびびと編集からのコメントで作品をブラッシュアップする。

この場合編集は無能でも構いません。

壁でもいいんです。

自分ではない何かに預ける、その瞬間に「悪手サーチ」が起動します。

 

また、すべった、と思うのは自分の勝手で、実際すべったかどうかは読む人に聞いてみなければわかりません。

評価をするのはいつも他人です。

作者のエゴで作者の子供たる作品の命を奪うのは私は傲慢だと考えるようになりました。

子供がどうかいろんな人に愛されますように、と願うのは親として当然でしょう。

誰が何と言おうと自分の子はかわいい、そういうものでしょう。

すべった子ほどかわいい、そういうものでしょう。

あなたの悩みにはあなた自身の作品に答えが既にあります。

引用してみましょう。

 

あなた自身が明確な目標を持ち、その目標に向かって日々努力しているのであれば

それ以外のことは飾りで、気にすることなどないのです。

すべての答えはあなた自身の中にあります。

『本当にベストを尽くして生きているか?』

環境はあなた自身が作り出し、あなた自身の手で変えていくものです。

 

ともに悩み相談をする者同士、厳しいこともあると思いますがベストを尽くして生きていきましょうよ。

 

※明るい悩み相談室PREMIERではあなたのお悩みを受け付けております。

ブログにコメント、投票時にコメント、ハッガリーニにメール、電話、伝書鳩、のろし、などの手段でどうぞ。

ちなみに投票時のコメントでのお悩みには必ず回答いたします。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

カウンター

ブログパーツUL5

twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM