馬券の現実(110)〜金鯱賞、フィリーズレビュー回顧〜 たりき

  • 2018.03.11 Sunday
  • 20:00

なかなか当たらないものです。

 

金鯱賞

1着◎スワーヴリチャード

2着−サトノノブレス

3着△サトノダイヤモンド

4着−ヤマカツエース

5着〇ダッシングブレイズ

 

前半1000m通過が63秒0という超スローペース。逃げたサトノノブレスが逃げ粘るところをスワーヴリチャードが差し切り勝ち。スワーヴリチャードはおそらくはスローペースを見越して前々の競馬。向こう正面では逃げ馬にプレッシャーをかけるというこれまでとは異なる競馬。着差はわずかでが圧倒的1番人気らしい競馬で勝ち切ったのですから力は示しました。次走はGI大阪杯になり、右回りがどうかというところはあるものの最有力候補の一頭となるでしょう。

サトノノブレスはスローペースだったとはいえ1番人気の標的となる中よく頑張りました。この馬が逃げることは可能性としてはあったわけで、こういう展開をちゃんと予想出来れば良かったんですけどねえ。

逆にサトノダイヤモンドは展開の綾があったとはいえサトノノブレスの後塵を拝するこの結果はちょっといただけないですねえ。

 

 

フィリーズレビュー

1着−リバティハイツ

2着△アンコールプリュ

3着−デルニエオール

4着―アンヴァル

5着△ギンコイエレジー

 

中止◎アマルフィコースト

 

ゴール前は大混戦でしたがリバティハイツが抜け出して重賞初制覇。予想通りというか人気通りの結果にはなりませんでした。ただ次走桜花賞ということを考えるとやはりチューリップ賞組が一枚上手なのかなという感じが否めません。

ギンコイエレジーは馬券にこそ絡めませんでしたが掲示板確保。次走自己条件だと人気になる可能性もありますが、ちょっと追いかけてみたい気がします。

馬券的にはアマルフィコーストがカラ馬となっていることが分かった時点でジエンド。後で見返すと浜中Jは嫌な落馬の仕方をしていましたが人馬ともに異常なしとのことで良かったです。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

カウンター

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 馬券の現実(186)〜阪神JF予想〜 たりき
    Mr.Indigo (12/09)
  • 馬券の現実(185)〜チャンピオンズC回顧〜 たりき
    Mr.Indigo (12/03)
  • 馬券の現実(184)〜チャンピオンズC予想〜 たりき
    がりは (12/02)
  • 馬券の現実(184)〜チャンピオンズC予想〜 たりき
    Mr.Indigo (12/02)
  • 馬券の現実(184)〜チャンピオンズC予想〜 たりき
    Mr.Indigo (12/02)
  • 馬券の現実(182)〜ジャパンC予想〜 たりき
    がりは (11/25)
  • 馬券の現実(182)〜ジャパンC予想〜 たりき
    Mr.Indigo (11/25)
  • 馬券の現実(180)〜マイルCS予想〜 たりき
    がりは (11/18)
  • 馬券の現実(180)〜マイルCS予想〜 たりき
    Mr.Indigo (11/18)
  • 馬券の現実(178)〜エリザベス女王杯予想〜 たりき
    Mr.Indigo (11/11)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM