馬券の現実(109)〜金鯱賞、フィリーズレビュー予想〜 たりき

  • 2018.03.10 Saturday
  • 23:56

大阪杯、桜花賞に向けたGI前哨戦の予想を。

 

金鯱賞

血統から

開催時期が変わって傾向が変わる可能性があるかもしれませんが、ディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒といった王道血統の中にダイワメジャー産駒やクロフネ産駒が馬券に絡むのは特徴的ですね。中京2000mという条件ですがどちらかというとマイル寄りのイメージがあるかもしれません。

母系では母父サンデーサイレンスが強いほか、ボールドルーラー系がやたらに多いイメージがあります。

 

まとめ

少頭数になりましたがなかなか濃いメンバー構成。どの馬が逃げるのか、どのような展開になるのか、さっぱりわかりませんが。。

本命はスワーヴリチャード。ハーツクライ産駒で近2走が2500mというのはこのレースの距離傾向には合いませんが、母母父がボールドルーラー系というのはプラス材料になります。能力的にはここでも最上位でしょう。

2番人気サトノダイヤモンドは昨春の天皇賞(春)以来の国内戦。2000mは一昨年の皐月賞以来ということもあり、能力上位とは思われますが抑えまでとしたいと思います。

対抗はダッシングブレイズ。前走はローカル重賞で4着も、休み明けでプラス10キロの馬体重も響いたかもしれません。先行できますし、叩き2戦目の上昇を期待します。

 

買い目

スワーヴリチャード

ダッシングブレイズ

サトノダイヤモンド

馬連 ◎−〇

3連単 ◎→〇△→〇△

 

 

フィリーズレビュー

血統から

桜花賞のトライアルレースではありますがクラシック血統というよりは異色の血統や短距離タイプの血統が馬券に絡むことが多い印象です。ただ近3年はちょっと傾向が変わってきているかもしれませんね。

母系ではこちらもボールドルーラー系の馬、またはタイキシャトル産駒といったサンデーサイレンス、ブライアンズタイムを経由しないヘイロー系も多いです。

 

まとめ

何だか荒れそうなメンバー構成。予想も難しいですね。

本命はアマルフィコースト。前走ファンタジーSは3着に敗れましたが、ここは同じ1400mでもダイワメジャー産駒の活躍が期待できる舞台。改めて。

抑えにアンコールプリュギンコイエレジーアンコールプリュは2連勝中でディープインパクト産駒。ここも期待できるでしょう。ギンコイエレジーはやや無理狙いかもしれませんが、フルキチJに期待します。

 

買い目

アマルフィコースト

アンコールプリュギンコイエレジー

馬連&ワイド ◎−△△

 

 

自信なし!

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

カウンター

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 馬券の現実(186)〜阪神JF予想〜 たりき
    Mr.Indigo (12/09)
  • 馬券の現実(185)〜チャンピオンズC回顧〜 たりき
    Mr.Indigo (12/03)
  • 馬券の現実(184)〜チャンピオンズC予想〜 たりき
    がりは (12/02)
  • 馬券の現実(184)〜チャンピオンズC予想〜 たりき
    Mr.Indigo (12/02)
  • 馬券の現実(184)〜チャンピオンズC予想〜 たりき
    Mr.Indigo (12/02)
  • 馬券の現実(182)〜ジャパンC予想〜 たりき
    がりは (11/25)
  • 馬券の現実(182)〜ジャパンC予想〜 たりき
    Mr.Indigo (11/25)
  • 馬券の現実(180)〜マイルCS予想〜 たりき
    がりは (11/18)
  • 馬券の現実(180)〜マイルCS予想〜 たりき
    Mr.Indigo (11/18)
  • 馬券の現実(178)〜エリザベス女王杯予想〜 たりき
    Mr.Indigo (11/11)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM