馬券の現実(36)〜小倉記念、レパードS回顧〜 たりき

  • 2017.08.07 Monday
  • 21:44

簡潔に予想して的中できないのはわかってはいますが。。

 

小倉記念

1着△タツゴウゲキ

2着△サンマルティン

3着−フェルメッツァ

4着−ベルーフ

5着〇カフジプリンス

 

6着◎ヴォージュ

 

本命のヴォージュは前々で悪くない位置にいると思っていましたが、見た目以上に速い流れになっていたんですね。とはいえ後ろ過ぎても届かなくて中団がちょうどいい位置でしたか。

勝ったタツゴウゲキは直線で内々を上手く突いて見事な勝利。不利を受けた前走のうっ憤を晴らしましたね。

サンマルティンも惜しくも負けはしましたが惜しい2着。5歳馬ですが出走回数も少なくてこれからまだまだ上昇する余地があるでしょうか。

カフジプリンスは結果的に掲示板確保しましたが、懸念したようにスピード負けした感じですね。長い距離で改めて期待したいです。

 

ところで、見事な縦目をくらってしまいました。サンマルティン本命を検討していたこともあっただけに悔しいですね。

 

 

レパードS

1着−ローズプリンスダム

2着−サルサディオーネ

3着◎エピカリス

4着−ブライトンロック

5着−ノーブルサターン

 

7着△テンザワールド

8着〇スターストラック

12着△タガノディグオ

 

圧倒的1番人気のエピカリス3着に敗れて波乱の決着。直線で前が詰まったようですが、それだけでこんな競馬になることはない気がしますので体調の問題もあったんでしょうかね。

ダート重賞はここまで人気薄が馬券に絡むことは珍しい気がしますが、3歳馬限定ということもあったんでしょうかね。結果を見てもなかなか的中しそうな気がしませんね。。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

カウンター

ブログパーツUL5

twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM