明るい悩み相談室PREMIER(23)  がりは

  • 2012.02.07 Tuesday
  • 08:06
明るい悩み相談室PREMIER、本日の担当医がりはです。
こんばんは。
今日はどうされましたか?

「スマートフォンの文字入力がしにくくて困ります。」

ほうほう、それはお困りですね。
スマートフォンにはボタンがほとんどついていないものが多くて、ボタン操作なら見なくてもできていた人(去年2月頃世間が騒いだaicezuki君など)もスマホのブラインドタッチは相当難しいでしょうね。
私も「た」をさわっているはずなのに「ま」が表示されるようなことが多くて、いらいらしていました。
道を歩きながらケータイをいじる人が、以前より周囲を見なくなった気がするのですが(歩行者が正面衝突しているのを見ました。チンピラ同士の意地の張り合いではありません。)、スマホの入力により集中力がいるからというのも理由の一つなんでしょうね。


スマートフォンには音声入力機能が付いている物があります。
しゃべると文字に起こしてくれる優れ物ですが、おもしろい変換が続出します。
余裕がある時はいいのですが、何度もやっているとさすがに飽きますし、急いでいる時はいらっとします。
今の音声認識技術はいいものでも9割足らずかと思いますが、人によって大きく認識率は違うようです。
私が働いている会社でも音声認識を使った会議録システムを出しております。
そのシステムのデモを偉い人の講演でやろうという無謀な案がありました。
なぜ無謀かというとそれはこけたら大変だからで、こけるのかといえば9割文字に起こせたらいい方という機械が無事に9割起こせたとしてそれを聴衆が成功と見るかどうかはまた別の話なんですよね。
また「えー」といえば「えー」と文字が起きてくるので、スピーカーがそういう人だとえー、だらけになりますし。
そして人と機械の相性もあって、ある幹部が話したら9割をうっすら越えて、それを見て他の機会にデモをした他の幹部が話したら8割を割ったりしました。
おそろしい。

ええ、完全な余談ですね。

スマホの入力は今のところ少し不便です。
それは人間が慣れるまでの間かも知れませんし、またキーボード付きのスマホが出てくるまでの間かもしれません。
音声認識が飛躍的に伸びれば、メールなんかしなくなるかもしれません。
声で入力して声で届く。

うん。それ、電話!

まあ、即時性がなくてもいいから。

うん。それ留守電!

しかし、人間の進歩を信じるのであれば不便はきっと解消されるし、あなたのいらいらも多分解消されるでしょう。
ソフト面であれ、ハード面であれ。
楽しみに待ちましょう。


※明るい悩み相談室PREMIERではあなたのお悩みを受け付けております。
ブログにコメント、投票時にコメント、ハッガリーニにメール、電話、伝書鳩、のろし、などの手段でどうぞ。
ちなみに投票時のコメントでのお悩みには必ず回答いたします。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

カウンター

ブログパーツUL5

twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM