(緊急割込)明るい悩み相談室PREMIER(355)〜図書館休館〜 がりは

  • 2020.03.20 Friday
  • 19:24

明るい悩み相談室PREMIER、本日の担当医がりはです。

こんばんは。

今日はどうされましたか?

 

「図書館が休館中で世界史人物探訪PREMIERの資料を借りられない。」

 

ほうほう、それはそれはお困りでしょう。

わっかりますわっかります。

さてはMVPを連覇したIndigoさんですね。

お見事お見事。

そうでしたか、長大な貨物列車を引っ張るEF210のような頼もしさを感じていたのですが、そのパワーの源は図書館にありましたか。

世界史人物探訪PREMIERは今後200回以上(四年くらい?)は続けてもらいたい、当相談室や競馬予想と並ぶ安定的なコンテンツに育っていただきたいと思っております。

図書館の閉鎖はそう長く続く話ではないと考えております。

さいたま市では図書館の閉鎖が三月三十一日まで継続予定、学校の休校とリンクしていると考えると四月までの辛抱でしょう。

Indigoさん、こんな時こそあの言葉を思い出してください。

 

トランキーロ!!あっせんなよ!!

 

大丈夫、乗り切れます。

 

図書館の閉鎖には私は反対です。

(もろもろ考えるとパチンコ屋を閉めた方がいいと思います。)

やり方を少し工夫すれば図書館は閉鎖しなくてもいいのではないかと思うのです。

私の考える図書館の機能は3つあります。

1.図書を借りる、返す

2.図書を中で読む、調べ物をする

3.図書と出会う

 

借りたい本が決まっているのであれば、予約をして受け取れればいいですよね。

webや電話で予約をして、最小限のコミュニケーションで借りられます。

これが1。

日本の図書館は優秀な司書さんたちが支えておられます。

借りたい本が決まっていない人はこの際、自分の好みを伝えてレファレンスをお願いして、おすすめ本を用意してもらうのも良いかもしれません。

 

中で調べ物をする、本の波の中を歩きながら本と出会う、というのも大切な機能ですね。

これは入場者数を絞ったり、図書館が入っている建物の他の部屋を閲覧用に開くなどして、工夫して継続できるのではないかと。

これが2と3。

 

2と3についてはヒントになるような体験があります。

私が愛してやまない八街(やちまた)市、あの落花生生産日本一の八街市にあるベルギー王室御用達ショコラティエ「grandplace」の本社兼工場には工場直売店が併設されています。

宣伝もしていないし、見つけにくい場所にあり、平日の週三日しか営業していないにも関わらず、お客さんが絶えません。

小さなお店でスタッフも少ないので営業品質の担保をどうしているのか、チョコは繊細なので品質担保をどうしているのかな、と入ってみました。

お店の入り口に籠が置いてあり、籠の数しか入店できない仕組みにして、店舗の中のお客さんの数を制限しています。

籠を持つことによって購買しなければ感を高めることもできますし、なかなか良い仕組みだと思いました。

図書館でも書架のあるエリアへの立ち入りは籠と制限時間で管理し、閲覧コーナーも席札と制限時間で管理できないでしょうか。

 

ということを短期間で決断するのは各図書館にとって難しいことだったと思います。

でも、「次」うまくやるために是非検討をしてもらいたいし、少しでも前に進んだ事例は共有してほしいです。

(国会図書館の取組 https://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2019/200304_01.html

 

とはいえ・・・。

上記で書いたのは目的的な機能を満たすための話。

本当は図書館にはダラダラいたいものです。

ただの居場所としての図書館。

受験勉強のために席を長時間取るようなことを私は昔していましたし、やることがない日は図書館に籠っていたものです。

名作映画「ネバー・エンディング・ストーリー」においても主人公の男の子が図書館に逃げ込むシーンがとってもうらやましかった。

図書館てそういう場所ですよね。

 

※明るい悩み相談室PREMIERではあなたのお悩みを受け付けております。

 

ブログにコメント、投票時にコメント、ハッガリーニにメール、電話、伝書鳩、のろし、などの手段でどうぞ。

ちなみに投票時のコメントでのお悩みには必ず回答いたします。

 

明るい悩み相談室PREMIER(354)〜赴任先〜 がりは

  • 2020.03.02 Monday
  • 00:00

明るい悩み相談室PREMIER、本日の担当医がりはです。

こんばんは。

今日はどうされましたか?

 

「ボツワナで働いている睡魔の次の赴任先が気になる」

 

ほうほう、それはそれはお困りでしょう。

わっかりますわっかります。

気になって夜も眠れなくて、睡魔を召喚してしまったんじゃないですか?

次の赴任地は広報啓発課の課長だったそうです。

睡眠の日 Mr.Indigo

ご相談を頂いてすぐにお答えしなければなりませんでしたね。

答えの出ている問題にいつまでも取り組んでいられるほど皆さん暇じゃないですよね。

 

あなたがボツワナの睡魔の異動先を気にされたのはなぜでしょうか。

そんなの作者のMr.Indigoか編集長くらいしか気にしないことでしょう・・・。

そうか、組織人につきものの異動についての興味・関心なのですね。

その面から考えると中小企業ではない、グローバルビジネス組織である「スイマ」さんは、一睡魔の個人的な事情を斟酌することは考えづらいですね。

期待と役割の中でお役目として着任して仕事をされているのでしょうから。

たとえばボツワナで暇していたから次はもっとハードなところにとか、ボツワナで暇していただろうから次はハードな国に行く前に体を慣らす意味で少しだけ忙しい国へ、なんてことは最後の最後に考慮されるところでしょう。

必要としている組織へ、必要とされて行くはずです。

 

ただ、私はボツワナでは睡魔が暇なはずだ、と決めつけてお話ししてしまいましたがそれはどうでしょうか。

googleの画像検索で「ボツワナ」と入れてみます。

象やライオンやカバの写真がたくさん出てきます。

確かにここでの睡魔の仕事は楽そうですね。

陽が沈んだらちょちょっと働くだけでいいじゃないかと。

次に「ボツワナ 首都」と入れてみます。

すると「最もアフリカらしくない首都」と呼ばれるハボローネの姿が出てきます。

近代的な建物の数々。

自前で建てた物もあれば中国資本を始めとした海外資金が流れ込んでできたものもあるでしょう。

金の匂いのするところに人も流れ込んでくるでしょう。

ジンバブエや南アフリカから人がどんどん入ってきているのではないでしょうか。

そして仕事が生まれ、きっと睡魔の仕事も量産されたのではないか、という気がしてきます。

その辺の奮闘を買われて課長に出世したのか、現場に置いておくとろくな仕事をしないということで体よく現場から剥がしたのか、はよくわかりませんので、ご本人のインタビューか何かを聞いてみたいところです。

 

※明るい悩み相談室PREMIERではあなたのお悩みを受け付けております。

 

ブログにコメント、投票時にコメント、ハッガリーニにメール、電話、伝書鳩、のろし、などの手段でどうぞ。

ちなみに投票時のコメントでのお悩みには必ず回答いたします。

続きを読む >>

明るい悩み相談室PREMIER(353)〜ラーメン〜 がりは

  • 2020.02.29 Saturday
  • 19:03

明るい悩み相談室PREMIER、本日の担当医がりはです。

こんばんは。

今日はどうされましたか?

 

「美味いラーメン屋を探しているのですが、自分の中で勝手にハードルを上げてしまい大体がっかりしてしまいます。どうしたら良いでしょうか?」

 

ほうほう、それはそれはお困りでしょう。

わっかりますわっかります。

 

私のナンバーワンはここです。

一八の思い出  がりは

 

でも、もうなくなっちゃいましたからね。

どうしましょうか。

もうねぇ、それはねえ、自分で作るしかありませんな、あっはっは。

世のラーメン屋の大将の多くは、お金儲け一攫千金が目的ではなく、自分が食べたいラーメンを食べたいからラーメン屋を開きます。

あなたももうそちらへの道を踏み出したんですね。

GO FOR BROKE!!

 

あ、さすがに?

そうですよね、ご時世的にもね。

セーフティネットが薄くなってしまい、挑戦する人の背中を押してくれない世の中で、保証のない道、しかも競争相手だらけの赤い海に通じる道を歩むのは勇気がいりますよね。

わっかりますわかっかります。

 

誰かに作ってもらったラーメンを食べたいんですか。

ええ、ええ、わっかりました。

私の知り合いに妙な男がいます。

「俺はまずそうなメシ屋を選んで入るんだ。」

「どうしてですか?」

「うまそうなメシ屋に入ってまずかったらものすごい損した気分になるだろう?まずそうなメシやでそこそこうまい飯が出てきたら儲けもんじゃないか。」

 

至高への道は果てしなく厳しいです。

前回よりも上、昨日よりも明日、そんな風に追い込んでしまうと向上する可能性は否定しませんが、短期的には幸せにならないことが多いです。

積極的にハードルを下げていく私の知り合いのような取り組みを、たまにはお試しいただくのはいかがでしょうか。

食をエンタメ化するというか。

 

そういうことは求めてない?

そうなんですか。

もっとシンプルにうまいラーメンが食べたい?

おっしゃることが難しい。

おいしさってシチュエーションにもコンディションにも大きくされますよね。

空腹は最高のスパイスだと言いますし。

明るい悩み相談室PREMIER(43)〜一番思い出に残った食べ物〜  がりは

さしあたり、ラーメンを食べに行く時には必ず自宅から徒歩で向かうというのはどうでしょう。

自宅からですよ!

そして水以外のものは口にしないということでお願いします。

 

※明るい悩み相談室PREMIERではあなたのお悩みを受け付けております。

 

ブログにコメント、投票時にコメント、ハッガリーニにメール、電話、伝書鳩、のろし、などの手段でどうぞ。

ちなみに投票時のコメントでのお悩みには必ず回答いたします。

明るい悩み相談室PREMIER(352)〜マニアック〜 がりは

  • 2020.02.13 Thursday
  • 23:55

明るい悩み相談室PREMIER、本日の担当医がりはです。

こんばんは。

今日はどうされましたか?

 

「受注生産に取り組む皆さんの作品の幅を広げるためのお題を考えているが、ネタが尽きてきた。」

 

ほうほう、それはそれはお困りでしょう。

わっかりますわっかります。

人を育てるというのは本当に難しいことですよね。

テーマを考えてあげて、主に私がりはとMr.アールグレイの作品の幅を広げようとしてくださっている。

素晴らしい。

先生!ぼくたちは!わたしたちは!(どっちがあなたに頂いたテーマで書いているかわからないので連名)あなたの望むような成長を遂げておりますでしょうか!!

 

でもぼくたち!わたしたちは!!テーマに囚われ過ぎて書くのが辛い時がたまにあります。

ボリス・ヴィアンは代表作「北京の秋」を北京にも秋にも関係ないからそう名付けたと言います。

ぼくたちわたしたちもそれくらいの温度感で、距離感でテーマと付き合うべきでしょうか。


それまで知らなかった固有名詞らしき単語がテーマに書いてあると、現代日本に生きている私はgoogleで検索し、wikiを始めとするいくつかのサイトでその概要を頭に入れ、ああこの辺のことを書いてほしいのね、と思ったりするのですがそれはもう書いてあることなんですよね。

誰かが書いたことなんですよ。

私が書くべきものではない、書きたいものではないとブラウザの前でしみじみしてしまいます。

しみじみしていても原稿は進まないので、想像したり妄想したりします。

運が良ければそれが形になります。

あなたの期待にこれからも応えて参りますので、どうぞ色んなテーマをご応募ください。


 

※明るい悩み相談室PREMIERではあなたのお悩みを受け付けております。

 

ブログにコメント、投票時にコメント、ハッガリーニにメール、電話、伝書鳩、のろし、などの手段でどうぞ。

ちなみに投票時のコメントでのお悩みには必ず回答いたします。

明るい悩み相談室PREMIER(351)〜土俵〜 がりは

  • 2020.02.05 Wednesday
  • 23:37

明るい悩み相談室PREMIER、本日の担当医がりはです。

こんばんは。

今日はどうされましたか?

 

「なぜ大相撲は四方を絶壁に囲まれた土俵で行われるのでしょうか。危ないですよね。」

 

ほうほう、それはそれはお困りでしょう。

わっかりますわっかります。

土俵、危ないです。

それで困っているということは、あなたさては関取ですね!

ごっつぁんです!!

 

相撲は土俵の外に押し出せば勝敗がつくので、土俵外での闘いはありません。

土俵外での戦いがもしあるなら、転落させることや、落差を生かした攻撃でダメージを与えることができますが、相撲にはその要素がないので、無駄に高いんです。

その高さなんと55センチ。

普通の大人でも飛ぶのに躊躇する高さから、落ちたくないのに落とされるのは怖いです。

小錦、曙といったパワーファイターに吹っ飛ばされて土俵下に転落したら、一敗で三敗したくらいのダメージがありそうです。

 

稽古場に行くと土俵は高い所にないので、競技自体に関して土俵が高い必要はなさそうです。

また、同じ格闘技の柔道や剣道も基本的には畳の上ですもんね。

練習から高い所でやるのはプロレスとボクシングくらいです。

 

この間幕尻なのに優勝した徳勝龍関は体の大きなパワーファイターですが、突き落としという土俵に相手を残す技を得意技にしています。

徳勝龍に吹っ飛ばされて土俵下に転落して怪我するよりは…ということはないですかね。

俺の土俵ライフはまだまだ長いし、あの突き落としを残したら、今度がむしゃらにあいつ突っ込んでくるもんなー、みたいな思いが脳裏をよぎるのでは、というのは考え過ぎでしょうか。

 

そういえば強さの象徴の一人千代の富士の決まり手は上手投げが多かったように思います。

横綱相撲、と呼ばれる相撲はまわしを引いて寄っていく、相手を怪我させずに外にそっと出すような相撲です。

強くなればなるほど型を求められ、その型は相手を怪我させないようなものであることを求められます。

それも全て土俵が高くて危険だからではないでしょうか。

もう、あれは相撲ではない別の競技じゃないか、とも思えます。

そう、大相撲という名のね。

 

プロレスは高さ1mの高さで戦いますが四方を三本のロープで囲まれており安全です。

今後は大相撲など見ずにプロレスを見るのはいかがでしょうか。

今なら新日本プロレスの過去の試合を含めて月額999円で見ることができますよ。

 

※明るい悩み相談室PREMIERではあなたのお悩みを受け付けております。

 

ブログにコメント、投票時にコメント、ハッガリーニにメール、電話、伝書鳩、のろし、などの手段でどうぞ。

ちなみに投票時のコメントでのお悩みには必ず回答いたします。

明るい悩み相談室PREMIER(350)〜今年の夏は暑くなさそう〜 がりは

  • 2020.02.01 Saturday
  • 23:39

明るい悩み相談室PREMIER、本日の担当医がりはです。

こんばんは。

今日はどうされましたか?

 

「今年夏も暑くなるのでしょうか?気になって毎日8時間しか寝られません。」

 

ほうほう、それはそれはお困りでしょう。

わっかりますわっかります。

この問題に関してはくるりという素晴らしいバンドが答えを出しています。

それでは聞いてください。

くるりで「東京」。

(素敵な曲なので各自探して聞いてみてください。)

 

くるり、その前だとサニーデイサービス、日常を切り取って歌にするのが本当に上手な人たちで、私もPREMIERではそっちの担当のはずなんですが、いつのまにかパンツ一丁でリングに上がっていてどこが日常だという感じになってしまいます。

 

それにしても毎日8時間しか寝てないなんてよく生きていられますね!

このショートスリーパー!!

私の母は若い頃「ムーミン」というあだ名を持っていたそうで。

漢字で書くと「夢眠」。

とにかくよく寝るし、起こすと機嫌が悪かったそうです。

あなたもきっと負けず劣らずですね。

 

はい。。。。

すみません、夏前に頂いていたご相談に今頃答えてどうするんだ!ということですね。

でも8時間寝てるからいいじゃないですか。

そんなに困ってなかったんでしょう?

今年の夏の話をしましょうか。

夏が暑いかどうかが東京オリンピックで不幸な事故が起きないかどうかに大きく関わりますものね。

涼しいといいのですけれども。

しかし夏があまり涼しいと今度はおまんまに影響してきます。

どう考えてもオリムピックよりもおまんまの方が大事です。

そも、前にオリムピックを開催した時は10月開催だったのに、温暖化が進んだ現代でなぜ暑い方にずらすのか。

理解に苦しみますね。

 

ここは多少暑くなってもらった方が良いのですがね。

天気と配牌はどうにもならない、でもそれにどう対応するかは自分で決められます。

ジーンケリーばりに雨に歌う人生の方が何だか楽しそうでしょう?

暑ければ暑いなりに、涼しければ涼しいなりに楽しみましょう。

よく寝て体調管理をすれば、多少の暑い寒いは何とかなるとしたものでしょう。

あなたはきっと大丈夫です。

 

ただ夏が暑いと災害が多いイメージがあります。

海水温がなかなか下がらず、低気圧が軒並み台風になって襲い掛かってくるという悪夢のような展開は今年はやめてほしいなあ。

 

※明るい悩み相談室PREMIERではあなたのお悩みを受け付けております。

 

ブログにコメント、投票時にコメント、ハッガリーニにメール、電話、伝書鳩、のろし、などの手段でどうぞ。

ちなみに投票時のコメントでのお悩みには必ず回答いたします。

明るい悩み相談室PREMIER(349)〜マイホーム〜 がりは

  • 2020.01.29 Wednesday
  • 22:29

明るい悩み相談室PREMIER、本日の担当医がりはです。

こんばんは。

今日はどうされましたか?

 

「そろそろ結婚を諦めて家を買おうかどうか悩んでます」

 

ほうほう、それはそれはお困りでしょう。

わっかりますわっかります。

家、買えるんですね。

うらやましい!


家って高い買い物ですよね。

しかも色々決めることあるじゃないですか。

幼い子供が二人いて、自分の部屋を欲しがるかどうかわからないがりは家、どこに住みたくなるかコントロールできないがりは家、どんな家にしたいか変化し続けるがりは家、ストロングスタイルが近隣住民の皆さんとのお付き合いにどのような影響を及ぼすかわからないがりは家では要件を定義できないなー、と。


これだけ世の中クラウド化が進み、サブスクリプションも進んでいるのになんで家の話だけこんなに面倒なのか。

来月から子供部屋増やしといて、キッチンのスペース倍で、茶室飽きたからリリースで!みたいな、来月友達家族が遊びに来るからリビングの隣にキッズルームをワンデイレンタルするみたいなことってできないもんですかね。

高級マンションの共用スペースはそんなイメージのサービスなんでしょうけど。

家なんかめちゃめちゃ余ってきてるのに一生の買い物みたいな面してよくも恥ずかしくないねと。

まあ、そんなに怒ることもないのですが。


え?家買うかで悩んでるんじゃない?

そっち?


ごめんなさいごめんなさい。

結婚て諦めるものなのかと。

まず結婚しようと決意(したいと渇望?)して行動し、パートナーを見つけて無事結婚したインディゴ相談員のようなパターンもあるかと思いますが、世の中にはパートナーがいて結婚をすることになったもいうパターンもあると思います。

諦める、というのは欲望するのをやめるニュアンスが伝わってくるのですが、そういうの体に良くないんじゃないかと心配です。

プロレスラーの引退じゃないんだから、結婚から引退しなくても…。


あ、あと後学のために教えていただきたいんですが、結婚を諦めて、と、家を買うの関係がちょっとわかりづらいです。

家ある方が結婚しやすい部族もあるのでは?

ヒトカドノジンブツ的な。

家があると結婚するの嫌じゃ、と言われるのは相手にあなたの持ち家に入りきらないほどの同居家族がおり、その家族と同居する時だけではないかと。

入りきらないならクラウドに注文…ではなく、売って二人の愛の巣を新たに探せば良いと思うのです。

家買ってもいい、むしろ早く買いたいと思っているのでは?

買っちゃえ買っちゃえ。

あとは何とでもなりますよ。

主にクラウドで。

 

※明るい悩み相談室PREMIERではあなたのお悩みを受け付けております。

 

ブログにコメント、投票時にコメント、ハッガリーニにメール、電話、伝書鳩、のろし、などの手段でどうぞ。

ちなみに投票時のコメントでのお悩みには必ず回答いたします。

明るい悩み相談室PREMIER(348)〜コレステロール〜 がりは

  • 2020.01.22 Wednesday
  • 00:00

明るい悩み相談室PREMIER、本日の担当医がりはです。

こんばんは。

今日はどうされましたか?

 

「LDLコレステロールの値が200を超えてしまった。なんとかしたい。」

 

ほうほう、それはそれはお困りでしょう。

わっかりますわっかります。

厚生労働省のサイトによると140を超えるとあかんらしいじゃないですか。

何とかしたいというレベルなんでしょうか。

このへん、ヤマブッキーにお答えいただきたいところです。

 

一方でコレステロールがいくら増えようともそれが血管の内壁にたまって狭くなってしまったり、血管が固くなってしまわなければ別にどうということはないんでしょう。

こういう理由、つまりまだなんとかなりそうだと思ってしまうことで手を打つのが遅れることはよくあります。

ほほほ、私だけですか、失礼しました。

ゆでガエルのたとえ話なんてそうですよね。

でもね、カエルは熱に敏感なのでゆだるまでお湯におるなんてことはないそうです。

そらそうですわね。

カエルに失敬です。

 

ビジネスメンは緊急度と重要度のマトリクスを作りがちです。

作ってます?

そうでしたか。

ほんでね、一番大切なのは重要度が高くかつ緊急度が低い所にどれだけ時間を割けるかだ、とハンサムっぽい顔で言うんですよ。

ほっほーん。

コレステロール問題なんかはまさにそれですわね。

時間割いて下さいよ。

血管が狭くなったり、固くなったりするのはコレステロールが一定量以上血液の中にあり、活性酸素によって酸化して固まるのがいかんらしいです。

とすると、コレステロールをたくさんとらないようにすることと酸化しないようにするといいですね。

コレステロール自体は食品から摂取するわけですから、高コレステロール食品をとらないようにする。

また血中のコレステロール値を下げるEPA/DHAを多く含む食品をとるようにする。

抗酸化作用の高いポリフェノールやらビタミンCやらを多く含む食品をとるようにする。

あ、ストレスは活性酸素を増やすらしいので、悩みすぎも禁物ですよ。

 

※明るい悩み相談室PREMIERではあなたのお悩みを受け付けております。

 

ブログにコメント、投票時にコメント、ハッガリーニにメール、電話、伝書鳩、のろし、などの手段でどうぞ。

ちなみに投票時のコメントでのお悩みには必ず回答いたします。

明るい悩み相談室PREMIER(347)〜ヘア〜 がりは

  • 2020.01.19 Sunday
  • 00:00

明るい悩み相談室PREMIER、本日の担当医がりはです。

こんばんは。

今日はどうされましたか?

 

「髪をどの程度で切るべきか迷っています。」

 

ほうほう、それはそれはお困りでしょう。

わっかりますわっかります。

私などは丸坊主に近いところから四か月伸ばし続けて日々の移ろいをしっかりと感じ、朝の髪の爆発を抑えられなくなってから床屋にいくのが常だったのですが、最近年のせいか髪に前ほどの爆発力がなく不便がないのでなかなか行くきっかけがつかめません。

大人になるとあまり思い切って髪を切るといろいろ支障があるようなのです。

覚えてもらえないじゃないか、と言われたことがあります。

そんなことで忘れられるような関係ならそれはそれで、と生きてきたのですがそういうのはチャンスを無駄遣いしている、日々出会いに感謝していればそんなことは言えないはずだという方もおり、難しいものです。

その昔、横山やすしという漫才師がおり、彼には理想の髪形があり、毎日寸分たがわなかったという話があります。

つまり一日生きると髪は0.3ミリほど伸びるのですが、その差すら許せないので毎日床屋に行くと。

私にもそんな理想の髪形、理想の表情、理想の体型などが見つかると良いのですが、そうではないので変化を楽しんでいます。

楽しんでいる自分は変わらない的な。

あ、そうですか、私の話はどうでもいいですね。

 

今まで私は「どの程度」を前切ってからの期間と取っていましたが、程度でいくと「お値段」や「長さ」というのも出てきますよね。

私はお金を払うなら払っただけ自分が変わっていたいと思うので、美容室に行って丸坊主にするというようなことをしていたわけですが、あなたは何にお金を払うんですか。

1,000円カットから表参道の20,000円くらいする美容院、もっと高い所もあるのかしら、どこに行くのか、そこでどれくらい切ってもらうのかというのは考えどころですね。

また、サービスの提供側から見た時、従来のように髪を切るという行為をパッケージで売るのではなく、切った量に応じて値段が変わったり、はさみを動かした数で値段が変わったりしてもいいような気もします。

 

また違う話になった?

そうですか?

迷うというのは最高の贅沢だと思うのです。

どんどん迷ってください。

我慢できなくなったら迷ってる場合じゃなくなると思うので、迷えるのも今のうちですよ。

 

※明るい悩み相談室PREMIERではあなたのお悩みを受け付けております。

 

ブログにコメント、投票時にコメント、ハッガリーニにメール、電話、伝書鳩、のろし、などの手段でどうぞ。

ちなみに投票時のコメントでのお悩みには必ず回答いたします。

明るい悩み相談室PREMIER(346)〜花粉〜 がりは

  • 2019.12.29 Sunday
  • 15:42

明るい悩み相談室PREMIER、本日の担当医がりはです。

こんばんは。

今日はどうされましたか?

 

「今年は花粉症がひどく、日本中の杉を燃やしたい衝動に駆られます。」

 

ほうほう、それはそれはお困りでしょう。

わっかりますわっかります。

今年ももう終わるタイミングで答えようとしている私に対してもその強い衝動を向けようとしてます?

控えてください。

お互い、大人、ですよね。

わっかります、よね。

 

でももうね、燃やしちゃいましょうか。

 

千葉では台風15号19号によりかなりの数の杉が倒れました。

木自体が弱っていたので多く倒れたという面があったようなのですが、弱っていた木の多くが品種改良されて花粉が少なくなったものだったようです。

国策で植えられた杉が育った後花粉症をもたらし、思っていたほど国内杉の需要が伸びなかったため、誰のコストで杉の手入れをすべきか棚上げしたまま我々は生きています。

ブランド化した(需要のある)杉で、品種改良が裏目に出たとなると、着手が大変なうえ予測も大変なこの手の問題に手を出せる人はほとんどいなくなってしまいます。

全国で花粉症のために通院し、保険適用で市販薬(アレグラなど)が処方されている人の保険が600億円という試算です。

重症の方は処方だけですまないでしょうけど、ひとまずこれが本人3割負担、保険7割負担の7割側だとして、お薬だけで1000億円くらいかかっているんですね。

花粉症の方、周りにもいらっしゃいますが、仕事どころじゃない感じ、生きてるのにハンデがある感じがすごいですよね。

1000億使って杉、ヒノキ対策できないものですかね。

健康保険自体はだいぶまずいことになって、今年矢継ぎ早に改革案を提案してきました。

花粉症の薬の保険適用外化、後期高齢者の窓口負担を1割から2割に増など。

健康保険組合の4割が赤字化、2022年には団塊の世代が後期高齢者化することを考えると、提案自体は苦肉の策を絞った観があります。

枠を保険の中に設定すると解決しないように思えるので、杉とヒノキをなんとかするのもこの枠で議論すべき問題に見えます。

もちろん出生率の改善(ひどいことになってきました。)、教育、産業振興、地方創生もこの文脈で語るべきです。

 

おっと、あなたの花粉症の話でした。

目の前の杉を燃やしても改善するかどうか、というところなんです。

今回千葉でかわいい電柱たちと一緒にボキボキ折られた杉たち。

来年千葉で花粉症が他の地域よりも減ったら、もうガンガン杉を切っていく、費用は医療費と見合いにするという議論ができるかもしれませんが、杉が守っていた表土が流れてしまうというような防災上のリスクが出てくるでしょうし、そもそも折れた杉がどけられない場所が数多く残っている中で、倒木が次代を育む素晴らしいベッドになり、ますます杉が発展する可能性も否定できません。

人口は減っているのに居住する場所が広がっているという、コンパクトシティが是とされている風潮に真っ向から立ち向かう現実が報告されていたり、私が千葉県の自治体の方々とお話ししていても大型の合併が進むという話もなければ、自助共助が弱体化し公助に頼り切る住民と人数が減っているのに要求が積み重なっていく中で奮闘する公務員の姿が至る所で見られるという中で、私自身は日本で生きていくことの意味を問い直しているところです。

微力ながら何かできないか、と。

 

来シーズンは千葉では花粉症がやや収まるかもしれません。

千葉においでになって(疎開して)、たまには私と語らいながら暮らしてみるのはいかがでしょうか。

 

※明るい悩み相談室PREMIERではあなたのお悩みを受け付けております。

 

ブログにコメント、投票時にコメント、ハッガリーニにメール、電話、伝書鳩、のろし、などの手段でどうぞ。

ちなみに投票時のコメントでのお悩みには必ず回答いたします。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

カウンター

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM