夢競馬の人々(203)  葉山 悟

  • 2014.01.12 Sunday
  • 11:30
「つまり主宰者側の狙いは金利にあるってことだ」
僕は驚いて声が大きくなっていた。
「預かった会費は全て返金することを大前提にしているの。一人から百万円、十人で一千万円、百人で一億、千人で十億円。こうしたお金を定額預金すれば7%近くの利子が付く。二年後には源泉分離課税を差し引いても、百万円につき11万5千円ほどの利益が出るってわけ。この財テク会社が何億もの利益を出した秘密がそこにあったの。考えてみれば会員も元金は保証されているし、競馬の財テクでお金を増やすことは出来るし、主宰者側は金利で儲けを出す。誰も傷つかずハッピーな状態。これこそまさにウィンウィンの関係と言えるでしょう」
「バブル期ならではの発想だな。現在の金利ではとても無理だよね」
「そんな風に言わないで。競馬のビジネスを何とか成功させたいと頑張っているのだから」
彼女が夫と始めた競馬予想サークルは、その財テク会社を下敷きにしたものだ。一つだけ異なる点は、会員に勧めた予想を会社側でも購入していることだろう。定額預金以外の流動資金を設け、それを競馬投資に運用している。ただ法律的には法人の馬券購入は認められていないので、馬券の殆どは夫への貸付金で購入されている。その馬券を公開し大いに好評を得ているというのだ。
おそらく、いや間違いなく予想屋が自らの予想を身銭を切って買うことを、会社のシステムに取り入れたのは、彼女が僕の信条を察してくれたからに他ならない。僕の大好きだった身銭予想屋のことを彼女に何度となく語って聞かせたからだ。身銭予想屋は既にこの世に存在しない。自らの命を絶ってしまったのだ。はたして身銭予想会社はこの先どうなるのやら、僕には全く見当もつかない。ただシャガールの馬の力を借りて、0組の投資金を捻出できれば、彼女をその予想会社から切り離すことができる。僕は会社で予想した馬券を購入するようにしたのは、僕の話した身銭予想屋の事があったからではないか、と彼女に訊きたかったのだが、何故だか怖くて口に出せない。
僕と年金さんが下見所を出た時、彼女から携帯が入った。――セブンフィーバーあなたに預けておけばよかったね――
いきなり何のことか分からなかったが、競馬投資金の777万円の事を指していた。

夢競馬の人々(202)  葉山 悟

  • 2014.01.12 Sunday
  • 11:28
確か777という数字は、片山さんの競馬の投資資金だった。競馬はギャンブルそのもので投資などととんでもないと一笑されたそうだが、彼女はハイリスク、ハイリターンの魅力に満ち満ちた投資だと確信していた。
実際に彼女は自らが経験した競馬ビジネスについて話してくれたことがある。
「会費の完全保証を謳った財テク予想会社で競馬の事を知ったの。そこは絶対勝負のレースを一年に数回不定期に実践するんだけど、一度でも予想が外れた場合は会費全額を返してくれる制度がウリになっていた。会費は百万円。予想は一点勝負で、年に十回ほど。ホントに良く当たったわ。単勝、複勝、枠複と配当は二倍から五倍までのガチガチの本命馬券ばかりだったけど、他の投資に比べるとその配当はものすごく魅力的だった。たかだか数分で、投資したお金が二倍三倍になるんですもの。予想はパーフェクトとはいかなかったけれど、年間十回の予想のうち七割から八割は的中した。それだけで会員は儲けていたと思う」
僕は間を置かずあからさまな質問をぶつけていた。
「本当に会費は全額戻ってきたの?」
「当然よ。だけど二年契約だから、返金は二年後ってわけ。その間、絶対勝負のレースが不定期にあって二年なんてあっという間に過ぎちゃう」
いわゆるバブル絶頂期のお話だ。この財テク競馬予想会社の説明会は都心の有名ホテルで催され、毎回会場いっぱいの人で溢れていたという。説明会は毎週一回開催され、会費の完全保証付情報は、ニュービジネスとして話題を呼んでマスコミにも取り上げられた。都心のホテルを借り、集まった客達にコーヒーなどの飲み物もサービス。その他DMや広告でのプロモーション。ハイグレードなパンフレット類にスタッフの高級感漂う制服。それよりも人件費をどこから捻出していたのか。この財テク予想会社はどこで利益を生み出していたのか。彼女はそこでウフフと目尻にしわを寄せて悪戯っ子のような笑いを浮かべた。
「答えはあなたの嫌いなもので信じ難いもの。このシステムは会員も、主宰者側も誰も傷つかず、あなたの信じないウィンウィンの関係が成立しているってこと。会員は銀行や郵便局に眠らせている百万円を有効活用し、財テク会社の予想した買い目で利益が出せるというわけ。その目覚めた百万円は財テク側に集約され、利ザヤという新しい任務に就くの」

夢競馬の人々(201)  葉山 悟

  • 2013.12.26 Thursday
  • 00:00
目の前を葦毛の馬が通り抜けて行く。馬体に浮かぶ銭形模様が実に鮮やかだ。
「どうして!?一方の当事者でしょう。それが0組に分かれば大沢もXもたちまちのうちに消されてしまうよ」
葦毛に纏わりつくのは馬体から放射される熱、湯気、エネルギーなのか。葦毛の馬体がゆらゆら陽炎のように揺らめく。しかしその歩みは力強く、下見所の外側を大きく回っていて、ともすると前の馬を追い抜かんとする。
「0組に相談するとそうなるだろうね。S場長がそうしなかったのは大崎会長の名誉を護るためだったんだ」
「名誉?故人の名誉を守るためってこと」
「S場長は大崎会長と関係のない人間によって、この件を結着したいと考えていた。こんなに卑劣でチンピラ以下の仕業に大崎会長がどんな形であれ関わることは避けたいと考えていたんだ。それがN競馬場の場長としての最大のお得意様に対する行動だった」
「そうするとS場長と若頭は繋がりがないのだから、残りは一人。K部長に相談するしか無かったということなんだよね」
「実際Sさんも何でも相談できる存在としてK部長を考えていたように思う。だから特命業者としてK部長の息のかかった企業を指名してきたのだ」 ――とまれーっ――の号令の後、騎乗命令がかかり下見所の馬に一斉に騎手が乗りかかる。
「年金さん、あなたの予想紙で13番の馬、どんな印になっています?」
「センセ、いきなり何ですか?」
「前に言いましたよね。シャガールの馬の出現は突然で、僕のそばを離れないで下さいと」
「ということは13番のリーフハンターがシャガールの馬ってことですか?この新聞では印が無いですね。二人のトラックマンが白三角を付けているだけで、単勝は万馬券ですよ」
「いやまだシャガールの馬かどうか確信が持てません。取り敢えず僕はこの馬の複勝とワイド馬券を買いますが、年金さんもまず運試しってことでリーフハンター絡みの馬券を買われたらどうですか?」
競馬に勝ちたい馬券を的中させたいと、ひたすら熱くなって馬をチェックしていてもシャガールの馬は出現しない。漠然と漫然とゆったりと広がる景色を眺めるように馬を見ていると、まるで蜃気楼のように現れるのだ。

夢競馬の人々(200)  葉山 悟

  • 2013.12.25 Wednesday
  • 23:59
「K部長は頭が良くてとても用心深い人だった。そんな人がS場長を脅迫するなんて考えられないが、二人の間に何かあったことは間違いないと思う」
僕は年金さんの問いかけにそう答えたものの、どこか釈然としない何かを感じていた。大沢殺しを若頭派の若い衆が実行した、という筋書きが納得できないのだ。S場長からK部長に大沢による恐喝問題が打ち明けられた。ネタ写真が週刊誌などで公になればS場長は即刻職を失ってしまう。すなわちK部長がS場長から受注している仕事が全て無くなってしまう。0組の企業舎弟が大きな収入源を失い、たちまちのうちに0組は干上がってしまうことになる。ここにも護らなければならないものが横溢していて、一枚の写真がとんでもない一大パニックを惹き起こすことになる。組員とその家族、競馬場の出店業者、取引先、下請け業者等々、S場長に護るべきものが溢れているとするならば、K場長にもそれ以上に護らねばならないものがある。そこに若頭派がどのように絡んでいるのだろう。
そういえば大崎会長亡き後の0組と、分裂して新しい組織を立ち上げた若頭派の間に抗争らしい対立は見られない。両派の間を取り持っていたのがK部長である。彼が率いる企業舎弟は0組若頭派の両組織を資金面で支えていた。つまり両者の抗争を抑えていたのはK部長の経済的手腕に他ならない。
「大沢殺しを0組がやったということなら分かるが、若頭派が何故関わっていたのか。ネタの写真から読み取れるのはS場長と0組の繋がりだが、若頭とS場長の関係が全く分からない」
年金さんがしきりに頭をかしげる。
「第一に0組の上部団体Yの本部が分派した若頭派に忠告すら与えず、何も制裁を加えなかったのが不思議でならない。仁義を重んじる任侠道はどうなったのだ」
年金さんはそう言ってから、まずいとばかりに手で口元を押さえた。周囲に誰がいるかわからない。いつの間にかパドックに人影がふえていた。
「S場長が大崎会長との写真で脅されていた。交渉の結果、その写真を買い取ることで話が付いた。金を支払い決着したと思っていたら、大沢の仲間Xが写真を持って現れた。頭にきたSさんは真っ先に誰に相談したのだろう。0組に相談することは出来なかったんだ」

夢競馬の人々(199)  葉山 悟

  • 2013.12.18 Wednesday
  • 02:10
「センセのお見通しの展開だったね。競馬で言うならまさにドンピシャの大当たり。しかしS場長どうしてあそこまでやったんだろう」
年金さんが1レースの下見所でそうつぶやいた。僕はその問いには答えず周回する馬達を眺めていた。
「ほんと、どうしてなんだろう?」再度彼は回答を求めてきた。
「護るべきものが多すぎたから・・・」
「それは具体的には何なの? 場長としての立場? 家族? 名誉? お金?」
新しく人生をスタートするための資金を作らなければならないのに年金さんはまるで他人事のように弾けている。気持ちはもう既にフィリピンの彼女の元に翔んでいるのだろうか。
「全てだと思います。例えば一つの嘘が発覚した時、それを繕うため二つ三つの嘘を重ねなければならなくなる。S場長がK部長に大沢殺しを依頼した時、同時に大沢の仲間・Xの始末も頼んでいた。当初は大沢だけが殺しの対象だったのが、X・根岸と広がり、挙句の果てに依頼したK部長まで抹消しなければならなくなった」
殺人依頼をなきものにするために、また新たな殺人を発注しなければならない。N競馬場の最高責任者という立場、家庭での夫としての顔、父親の誇りと威厳。一枚の写真から護らなければならないものは数えきれないくらい多い。生きることは護るべきものを無尽蔵に増やして行く行為でもある。
「つまり護るべきものを護るはずが、護るために壊さなければ、あるいは抹消しなければ護れなくなった、という訳?」
僕は年金さんの再度の問いかけに黙って頷いた。
「何だかセンセの言葉って禅問答のようで、分かったようで分からねえ」
年金さんがいかにも焦れったい感じで続けた。「こんな早いレースからシャガールの馬は出てこないよね」
片山さんは今日は顔を見せない。子供の具合が悪いと連絡が入ったのだ。
「私の頭では理解できないので、いくつか質問していいですか」
僕達を監視する双眼鏡や視線は感じられない。
「もしかしてK部長がS場長を殺しの依頼をネタに脅迫したってこと?護るために抹消しなければ護れなくなったって、そういうこと?」
年金さんの声が少し上ずっている。

夢競馬の人々(198)  葉山 悟

  • 2013.12.18 Wednesday
  • 02:01
それでもサラブレッド達は疾走する。ただひたすらに疾走する。主戦場である競馬場の最高責任者が逮捕されようが、自分を育ててくれた調教師や、自分を選択し有り金を賭けてくれたファンが、今まさにその生命を終えようとしていても、ただひたすらに今という瞬間を駈け抜けて行く。サラブレッドという脆く儚いDNAに刻み込まれた<走る>という宿命・業は一体何のため、何が故のものなのか。<走る>行為の向こう側に蜃気楼のように見え隠れするものは吹雪のように舞い散る紙幣という名の紙束か、夕日のように茜色に輝く大好物の人参なのか。そもそも<走る>ことは大いなる逃走劇なのか、獲物を求める必死の追跡なのか。
あなたは手に触れんばかりの距離で実際のサラブレッドを見たことがあるだろうか。オリーブ油を薄くまぶしたような光沢を放つ毛並みは繊細で、まるで珊瑚礁に揺らめく触手のようだ。400から500キログラム以上の馬体を包み込む皮膚はあくまで薄く、巨体に張り巡らされた血管が今にも透けて見えそうだ。心臓が脈打つ度に薄い皮膚が凹凸を繰り返し、それ自体が別の生き物のようである。
何より特筆すべきは馬たちの双眸で、ただひたすら走る宿命だけを背負っている哀しみに満ち溢れている。じっくりとサラブレッドの瞳を見つめるがいい。見ているつもりが、こちら側の心の奥底まで見透かされていることに気づくだろう。まさにサラブレッドの透徹した瞳は哀しみに満ち満ちた湖そのものである。
天才と謳われ近代科学の父とされるガリレオ・ガリレイが、かつて「それでも地球はまわっている」と言い続けたように、僕達は、いや僕のように競馬というサラブレッドの大逃走劇にどっぷりと首根っこまでつかっている人間は「それでもサラブレッドは走り続ける」
と言い続けるしかない。
実際、競馬場の様子は何一つ変わることはない。いつも同じ時間に開場し、場長代理を筆頭とする職員や関係者が来場者を迎え、定刻通りに下見所で出走馬の紹介を終え、発走時刻になれば一斉にサラブレッド達がゲートを飛び出し、ひたすらゴールを目指して走り抜けて行く。電光掲示板にゼッケン番号が点滅し、お決まりの配当金が掲示され、これまたお馴染みの喜びの喚声、嘆きの溜息、怒声がわき起こる。場長が逮捕されようが、ヤクザの大親分が病死しようが、誰かが殺されようが何も変わらない。

夢競馬の人々(197)  葉山 悟

  • 2013.12.05 Thursday
  • 23:48
もしかするとK部長はSからの依頼や相談内容を記録していたのではないか。あるいは妻に「私の身に万一の事があればこれを警察に提出するように」と遺書のようなものを遺していたのではないだろうか。
N競馬場に限らず、他の競馬場においても大なり小なり贈収賄に絡む事件があって、それが火山の噴火のように一斉に噴き出したのである。暴力団構成員の入場黙認、未成年者の馬券購入、生活保護受給者の馬券購入など、競馬法に抵触するような問題にも広がりを見せ始めた。
中でも中央競馬会を含めて競馬界と警察との癒着ぶりが問題視された。警察官や警察官僚の天下りを大幅に受け入れているというのだ。警察官やそのOB達が競馬場や場外馬券売場から競馬法に抵触する人間を締め出せば、競馬の売り上げが激減してしまう。そのことは競馬場の即廃止、閉鎖問題に結びついてしまう。警察官OBの警備担当者は忽ちのうちに職を失うことになる。僕は何年も競馬場に出入りしているが暴力団員の入場を咎めた警備員の姿を見たことがない。
一時期パチンコやスロットマシンにはまる主婦が多くて、主婦売春や多重債務者を生み出す元凶としてそれらがヤリ玉に挙げられたが、競馬も本質的に変わらない。ギャンブル依存症の人間を毎日のように生み出している。例えば競馬の3連単馬券で何十万円、何百万円も的中させた人間は、一生涯ギャンブルとしての競馬を断つことは出来ないだろう。
依存症の要因として脳内ホルモンやアドレナリンが取り沙汰されているが、僕は人間の本質部分、本能に決定的な刻印を打たれたような気がしてならない。
例えば思いもしないような大穴馬券をゲットした時。例えば自分が予想した通りの展開でレースが推移した時。例えば、絶望的な位置にいた自分の買った馬が剛脚で、ゴール前で全ての馬をごぼう抜きし一着になった時。脳天がジンンジン痺れ、胸の中に海が広がり、世界の何もかもがすぐ手の届く位置にあると思い込む。全く怖いものなど何も無い。まるで天下を取った気分なのだ。自分には不可能なものは無い。自分は天才だ。
これが依存症の躁の状態なら、鬱の状態はどうだろう。予想が当たらない。自分の全てが否定されているような気になり、どこまでも落ち込んで行く。同時に経済的に逼迫して行き借金してまで競馬にのめり込んで行く。的中しないと解っていても馬券に手を出す。出さざるを得ないのだ。

夢競馬の人々(196)  葉山 悟

  • 2013.12.05 Thursday
  • 22:47
それから間もなくしてS場長が収賄容疑で任意同行されたという新聞記事が出た。それはベタ記事扱いで、N競馬場一大スキャンダルの序章に過ぎなかった。
数日後、N日報一面トップに大崎会長とSがN競馬場貴賓室で談笑している写真が掲載された。ただし大崎会長の顔だけはモザイク処理が施されていて、故0組最高幹部とだけキャプションが付けられていた。
『殺人教唆』という大見出しの文字が、まるで雪道についた下駄の歯跡のようでおどろおどろしきものだった。
大沢の共犯者であったXの死体が見つかり、その殺人を依頼、教唆したのがSであるというのが直接の逮捕容疑であった。地方紙だけでなく一般紙もS場長逮捕の報道は比較的大きなスペースを割いていたのだが、大崎会長とのツーショット写真はN日報だけが掲載したものだった。
ただし、その写真の流出元は僕ではない。N日報の独占掲載という点から片山夫妻が絡んでいることは明白だが、詳しいことは分からない。ただ片山さんの奥さんが僕の腕の中で「これで離婚成立よ」と何度となく呟いていたのが印象的だった。
X殺しがどういう経緯で明らかになったのか、それは全く分からないが、僕と片山さんが導き出した結論はK部長がキーパーソンだということであった。これら一連の事件で何人もの人間が参考人や事情聴取でF署に出向いたのだが、K部長の内縁の妻という女性が彼の遺品を提出したことから事件は大きく動いたように思う。
僕が「万一自分の身に何かあれば、これをF署に届けて欲しい」と保管を依頼していた雑誌編集者が驚いたように電話をかけてきた。
「そういう事だったのか」
連日の新聞報道で事件の概要を知って、それが連続殺人や一大汚職事件にまで発展する可能性が高くなっていた、まさに切歯扼腕している編集者に僕はN日報が掲載しなかった他の写真の使用を勧めた。そしてS場長の収賄容疑を中心に取材することを提案。結果的にそのことはS場長と0組企業舎弟のグローバル企画K部長の癒着ぶりを炙り出すことにな
り、僕の考えもしなかった方向に広がりを見せた。
僕が雑誌編集者に万一の事があればと預けていた写真や書き置きがあったように、K部長もそれを一人の女性に託していたのだろう。それは決して自分の死の危険に対する保険では無い。どこかに真実を遺しておきたいという思いからなのだ。

夢競馬の人々(195)  葉山 悟

  • 2013.11.20 Wednesday
  • 23:40
当然会長は何点もの馬券を買っているので、僕の解答はすべて正解というところまでいかないのだが、その数点は必ず的中していた。高額配当ベスト20やオッズモニターの色が変わった部分を抽出して答えを出すのだが、会長は何度も驚いたようにため息をついた。
片山競馬サークルの投資馬券と年金さんのフィリピン移住資金作りの二重の馬券投資は、確実にシャガールの馬の馬券配当を下げてしまう。何故だかそのことを連想してしまったのだ。
年金さんは車を降りる前に「明日N競馬場1レース目のパドックで会いましょう」と声をかけて去って行った。
「馬をお持ちなんですか?」運転している警官が聞いてきた。
「ええ、まあ幻の名馬です」
僕の返答に片山さんが声を出して笑った。
「こんな若い男の人が、親の脛をかじらないで馬主になんてなれるかしら」
「いや今の世の中、何があるかわかりませんよ。IT時代で才能のある若い経営者が一生かかっても使い切れないお金を稼ぎ出していますからね」と警官が笑った。
僕は彼女の「こんな若い男の人」という言葉に、彼女の嫉妬と愛情のようなものを感じた。
僕のマンションに入ると彼女はF署の警部とのやり取りについて説明した。
「捜査の目途がつくまでK、大沢、根岸、それにXさん?の事件について報道しないと主人を説得して欲しいって言うの。いくら退職しても太いパイプがあるはずだからって」
「それでその見返りは?」
「これは私の直感よ。S場長の嫌疑について警察は相当調べが進んでいるように思う。そのデリケートな時にマスコミに抜き打ち的な報道をされたら全てが水の泡となってしまう。それを一番恐れているように思うの。主人にも、そして私達にも決して失望させるような結果にはしないって。もう一つあなたにも、写真のコピーはどこにも流さないで欲しいって。あなたはコピーを持っているの?」
彼女の瞳が潤んだように光っている。
「もちろんだ。僕やあなたに何かあれば、その写真はたちまちのうちにマスメディアに流れることになっている。おそらくS場長もその事を知っているのではないか。この際だからとに角F署の警部を信じて、警部の動きをじっくり見ることにしようよ」

夢競馬の人々(194)  葉山 悟

  • 2013.11.20 Wednesday
  • 23:37
年金さんが苦笑しているのは、殺しの発信源であると思われるS場長のお膝元N競馬場が、一番安全ではないかという皮肉な事実であった。つまりSもN競馬場の中では、殺人事件や暴力沙汰を起こすことは絶対避けたいと考えていると。いや彼にとって、あってはならない事なのだ。
もう既に深夜を通り越して、夜と朝が溶けあう時間に差しかかっていた。警部は僕たち一人一人を自宅に送り届けると告げると、片山さんを「ちょっと・・・」と別室に招いた。
僕と年金さんが覆面パトカーなのか、黒塗りの乗用車の中で待っていると、彼女が警部と一緒に出てきた。その表情には笑みが浮かんでいる。
「皆さんご協力、どうもありがとうございました。池部君、皆さんをしっかりとお送りするように・・」と僕達を見送った。
車内で順路について年金さんが真っ先に発言した。「刑事さん、三人の中でわたしが一番近いから、最初にY街道を0交差点に向かってください。お二人は一緒でしょう?」
彼は運転している若い警官に気を遣って「刑事さん」と呼んだのだ。こういう気配りが出来るのも団塊世代の一つの特色だ。
片山さんが「もう」とばかりに年金さんの頭に手をやった。僕は彼女を一人にすることだけは避けようと考えていたので、年金さんの図星の言葉に泡を喰ってしまった。
「それよりHさんお願いしますよ。シャガールの馬。いつ出走するのですかね」
運転している若い警察官にとって、せいぜい馬主の会話にしか聞こえないだろう。
「明日かも知れない。いや三日先かも知れない。それは僕にも分からない。ただいつ登場してもいいように軍資金だけは用意しておいてください」
何故だか僕の脳裏に0組大崎会長との冗談ともつかないやり取りが浮かんだ。万馬券ばかり狙っているような会長にカマをかけてみたのだ。「オッズモニターを見ていれば、会長が買った馬券すぐに判りますよ」と。実際会長が購入した馬券の配当は急落する。3連単馬券を五千円、一万円単位で購入する客は、まずいないからだ。会長は胸ポケットから買ったばかりの馬券を取り出し、僕に見えないようにして言った。「じゃ何を買ったか当ててみろ」強面の会長の少年のような素顔がのぞいた瞬間だ。「当たったら欲しいものは何でもくれてやるぞ」

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

カウンター

ブログパーツUL5

twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM