馬券の現実(141)〜宝塚記念予想〜 たりき

  • 2018.06.24 Sunday
  • 01:39

春GIシリーズの総決算宝塚記念の予想です。ちょっとメンバーが寂しい気がしないでもないですが。。

今日は雨が降りましたが明日はどこまで馬場が回復するかというのも気になるところです。

それでは過去の傾向から。

 

続きを読む >>

馬券の現実(140)〜ユニコーンS、函館SS回顧〜 たりき

  • 2018.06.23 Saturday
  • 22:43

遅くなりましたが先週の2重賞の回顧を。

 

続きを読む >>

P国女王のスピーチ  Mr.アールグレイ

  • 2018.06.22 Friday
  • 00:00

アールグレイです。
こんばんは。
この度は最優秀作品賞という素敵な賞を頂き、ありがとうございます。
連覇する予定でしたので一ヵ月間が空いたのは残念ですが、女王に返り咲くことができて素直に嬉しいです。
半数の方の票をいただき、二着に五票差というのは本当に信じられません。
ありがとうございます。
これから半年くらい防衛したいのです。
テーマの睡眠で一発逆転を狙いたいと思います。(まだ準備できていませんけど。)

私といたしましては「こいのぼり」の方が面白く書けましたので、おかあさんに票が集まったのは意外でした。
イエローさんのHSPの話、がりはさんの相談室、Indigoさんのうんちく、ヤマブキさんのショートショートと評価すべきものが多くあったのに、です。
「おかあさん」はテーマが重いので、確かに今月他の作品で重いテーマを扱っているのは「鉄の海」だけですし、投票していただきやすかったのかなと思います。
感動は感情の一形式だと確かホワイトさんが書いてらしたと思うのですが、重いテーマは感情を揺さぶりやすいのだと思います。

母の日をテーマに書きたいなと思っていて、書き出しをいくつかぐるぐると書いていたのですが、今一つ決まりませんでした。
海を見に行くことを決めて、それを冒頭に持ってきて書き始めました。
あとはだだだだだだと書けたのですが、途中で海に行ってはいけない気がしてきて、冒頭を削りました。
ずるんと小説の世界の中に入って、息がもつ限り書いていく感覚でした。
気持ちが入って書いていると、涙がキーボードに垂れてきました。

説明的な部分をぎりぎりまで削りました。
私の今の肺活量ではあれが限界でした。
葉山さんやヤマブキさんはどんな肺をしているのか想像もつきません。


どの票もありがたいですがPREMIERの小説家達からの評価が特に嬉しかったです。
マルーンさんとハッタリストさんの票が頂ければ言うことなかったのですが、私にとっては伸びしろでしかありません。
次はもっと良いものを書こうと思います。
ちなみに父も母も千葉の片田舎で楽しく暮らしておりますし、私に弟はいません。
そんな説明は蛇足かもしれませんが、Indigoさんのために。
(さらに加えるなら、小説はこれだけではありません。)

なんか、どうでもいい話になっちゃいましたね。
サッカーが面白いという話を聞き、時間が許す限りワールドカップの試合を観ることにしています。
メキシコとドイツ、アイスランドとアルゼンチンの試合が面白かったです。
細かい話はわかりません。
解説を聞いていても混乱するばかりなのでミュートして観ています。
それでも上記の二試合は素人の私にもお互いの主張がわかるような、何がしたいのかわかるような気がしました。
ドイツの人たちが後半の途中くらいから「こんなはずじゃなかったのに!」とイライラしているのが伝わりました。

私も部分を読んでもよくわからないのだけれど、全体を読むと何か伝わるものがあるような小説を書いていきたいです。

 

最後に。
PREMIERの読者の皆さんの中には、もちろん作家の皆さんの中にも、今回の震災でダメージを受けている方がいらっしゃると思います。(私も友人が高槻に住んでいて、心を痛めています。)
とにかく身の回りを片付けていく、少しずつアジャストする、しんどい時にしんどいなあとちゃんとため息をつく、ということを私は東日本大震災から学びました。
元に戻ることを目指すと大変だと思います。
早く心安らかな生活が送れることをお祈りしております。

鉄の海(91) by Mr.ヤマブキ

  • 2018.06.21 Thursday
  • 00:12

 翌朝、まずTさんの病室を訪れた。特に呼吸状態は変わっておらず、とりあえず安心した。ステロイドパルスは三日間の超大量投与の後、通常の高容量へとステロイドを減量する。つまり、三日間はやらないと分からない。その間は悪くならなければいいし、数日後から呼吸状態やレントゲンが良くなるのを期待していればいい。

 Tさんの命を繋ぐ人工呼吸器は、Tさんの呼吸に合わせて不規則なリズムを刻む。送り込む酸素濃度は21%から100%まである。21%というのはもちろん通常の空気中の酸素濃度で、要するにただの空気を送り込んでいることになる。100%は純酸素だ。全てが酸素で、それ以上というのはない。Tさんの場合、85%の濃度で酸素を送り込んでいる。あと15%、一押しで土俵際という感覚だ。

 追い詰められつつある状況だが、じれったいようでも待っている間は何もできない。純粋な内科的治療には、重症患者を自らの手で救う手術の醍醐味は無い。だから優れた内科医の要件は、医療が介入できそうなポイントを細かく見つけていくことにあるし、あるいは総合力勝負で、心理的要素や社会的要素まで手厚くカバーすることになる。……母には、何か医療ができることがあるだろうか。

 

「先生、夜大変だったんですよ」

 

 これから日勤と交代する昨日の夜勤が言う。

 

「ずっと寝てると思ってたのに、部屋に入ったら挿管チューブを抜こうとしてて危なかったんですよ。拘束してても急に動こうとするんです。もう看れないのでミダゾラム増やして寝てもらいました」

 

 鎮静薬の影響で普段以上に状況が分からないとはいえ、自分の命綱を全て外してしまおうとするレベルの認知機能の患者に対して、どこまで治療を行うべきなのだろう。体についた命綱は、本人にとっては不快なだけでしかない。本人の思いを汲むと、きっとただ、口に入った管が気持ち悪い、胸のモニタが気持ち悪い、だなんてことばかりだろう。それならば、本人の望むようにすべきか?あるいは逆に、医療者や家族がある種、保護者として彼ら老人たちを死に向かわないよう導くべきなのだろうか?実際の現場では彼ら自身が意思表示をできない以上、医者と家族で話が進んでしまう。だが、答えがないからこそ、原点に立ち返る必要がある。医療を受けるのは本人だ。本人の意思はどうか。もしそれが知り得ないのならこれまでの生き方の中で本人の意思を推定するしかない。

 とはいえ、だ。彼らが死んでもいいと思っていても、家族は死んでほしくないと思っているかもしれない。積極的治療にまつわる相克を簡明化すれば、寿命は縮むが苦痛は少ない方法か寿命は長引くが苦痛は強い方法という二択なのだ。良識ある家族は、長く生きてほしいが苦痛は少ないほうがいいと悩む。やはり答えはない。医療を受けるのは本人だ。だから処置の苦痛は本人が受ける。しかし、命が伸びることの恩恵は本人だけでなく家族やその他の人々へも広がる。その人の命はその人だけのもののように見えて、その実、社会的に広く共有されている。恩恵と苦痛を享受する人の非対称性こそがねじれの位置を生み出す。医療処置の苦痛は本人しか受けないが、本人の生命の延長は家族も享受する。Tさんは、母は、どこまでの医療を受けるのが適切なのだろうか。

明るい悩み相談室PREMIER(291)〜有給〜  がりは

  • 2018.06.20 Wednesday
  • 17:10

明るい悩み相談室PREMIER、本日の担当医がりはです。

こんばんは。

今日はどうされましたか?

 

「貰ったばかりの有給が腸炎に罹って8日もぶっ飛んでしまった。こんなことで消えてしまったことが悲しくて悲しくて仕方がない。」

ほうほう、それはお困りでしょう。
わっかりますわっかります。

生野菜を食べる時はよく洗ってくださいよー。

農園で収穫体験してそのまま?

そうでしたか、それはそれは。

忘れられない体験になりましたね。

え?違う。

野菜はちゃんと洗って食べるタイプ。

そうですかそうですか。

 

有給とはおそらく年次有給休暇のことですよね。

雇用されて半年すると与えられて、算定期間の八割勤務していれば年ごとにもらえるお休みで、なんと休んでいてもお給料が出るんですね。

厚生労働省が決めているルールがあり、正社員だけでなくパートタイムの社員にも与えられると記憶しています。

休んでいてもお金がもらえる、夢のような世界。

みんなが毎日寝て暮らして、毎月50万円もらえるような世界を作りたいと山本一生は言いました。

その10年前に「イノベとはっぴー」を発表したのががりはです。

世の中が進んで、人工知能や機械が働いてくれて、人間は本当にやりたいことだけをして生きていけるようになったら素敵ですよね。

その第一歩として有給休暇。

好きなことをしていてお金がもらえますから。

しかし今のところ現実はシビアで、有給休暇を取ることに対して風当たりが強い文化があるようです。

なんとなく申し訳なさそうに休む、かなり前から伝えておいて休むなど、なんでそんなに気を使わなければならないのか、と思うほどです。

その結果、使っていない有給休暇が期末にたまり、それはなかったことにされたり、会社に買い取ってもらったり、強制的に休むことになったりします。(会社によって違うようです。)

休みたくても休めない、これは目指すべき方向ではありませんね。

また、病気になれば(堂々と?)休めるということで、有給休暇の時は病気の時ですという人もいます。

違うと。

遊んで暮らしてほしいと私は思います。

有給をとって遊びに行った時にSNSにその模様を載せる、その時に「今日は有給をいただいて」みたいな枕言葉をつけなきゃいけない雰囲気、これも違うと。

義務教育やないんやからと。

積極的に遊んでいるところ、楽しいところをアピールし、なんなら会社のPRをしてるんですくらいの心構えでお願いしたい。

 

えっと・・・。

ちょっと話がそれてしまいましたが、なんでしたっけ。

ええ、ええ。

そうですね。

貰ったばかり、が生まれて初めて、であったならそれは本当にご愁傷様です。

有給休暇がなかったなら、それは欠勤扱いになったりして何かと不利に扱われたかもしれませんね。

あぶねー、ギリセーフ。

あとは腸炎の原因を考えて、よく洗わないで野菜を食べたとか鶏肉に火を通さなかったとかではなく、ストレス性だとすれば会社との付き合い方を考えた方がいいかもしれません。

次の有給はそれについてよく考える日にしましょうか。

 

※明るい悩み相談室PREMIERではあなたのお悩みを受け付けております。

 

ブログにコメント、投票時にコメント、ハッガリーニにメール、電話、伝書鳩、のろし、などの手段でどうぞ。

ちなみに投票時のコメントでのお悩みには必ず回答いたします。

中央区vs中区〜熱闘五番勝負〜 Mr.Indigo

  • 2018.06.19 Tuesday
  • 12:30

―中央区vs中区、熱闘五番勝負の会場へようこそ!中央区と中区、どちらがより魅力的な区なのでしょうか?いよいよ対決が始まります!

 

[1R] 札幌市中央区vs名古屋市中区

札幌「大通公園を知ってるか?お前ら中区にはこんな大きな都市公園はないしょ?」

名古屋「ウチの久屋大通公園もでらすげぇで」

札幌「大通公園にはテレビ塔があるさ」

名古屋「久屋大通公園にもあるがや」

札幌「でも雪まつりはやってないだろう?」

名古屋「…参りました」

WINNER 札幌市中央区

 

[2R] 神戸市中央区vs横浜市中区

横浜「僕の区は幕末から続く港町の中心。異国情緒があっていつも観光客がいっぱいさ」

神戸「ふん、それはウチも一緒や。自慢にならん」

横浜「高さ106mの横浜マリンタワーもあるよ」

神戸「神戸ポートタワーは108mや」

横浜「なかなかやるじゃん。でも中華街は横浜が日本一だ!」

神戸「中華街やったら負けへんで〜」

―ストップ!

神戸「なんや?」

―横浜中華街の規模は神戸の南京町のおよそ5倍です。これは圧倒的な差と言えますので、横浜市中区の判定勝ちとさせていただきます!

神戸「あかん!お前んとこイノシシいてないやろ。野生動物で勝負や」

横浜「ふん、もうレフェリーが宣告したから君の負けだよ」

WINNER 横浜市中区

 

[3R] 新潟市中央区vs浜松市中区

新潟「ウチの区には新幹線の駅があるんさ」

浜松「新幹線の駅ならウチにもあるぞ」

新潟「でもあんたとこは通過ばっかりろ〜?新潟駅は全部停車するわい」

浜松「でも、浜松駅は平日の昼間でも1時間に3本東京行きがあるよ。そっちはどうだ?」

新潟「うっ、1本か2本しかない…。でも乗車人員は37,345人もいるけどね」

浜松「こっちは36,756人…。しかしこのくらいは差とは言えないな。どう思う?」

―両者五分と判定します。引き分け!

DRAW

 

[4R] 相模原市中央区vs堺市中区

堺「お前んとこには、ウチの大阪府立大学のような大きい大学ないやろ」

相模原「麻布大学があるぞ」

堺「そんなん知らんがな。知名度は大差や」

相模原「大阪府立大学も関東ではほとんど知られてないんじゃない?有名だと思っているのが田舎者の証拠だね」

堺「じゃあお前んとこは都会なんやな?」

相模原「そうさ。人口は27万人以上だよ」

堺「アホか。大都市の中心部なんやから、人口なんか自慢になれへん。繁華街がないとあかんやろ」

相模原「じゃあ君の区には繁華街あるの?」

堺「うっ…」

―反論できないようなので、相模原市中央区の勝ちといたします!

相模原「自滅しやがった。バカが…」

WINNER 相模原市中央区

 

[5R] 熊本市中央区vs広島市中区

熊本「ウチの区には天下の名城・熊本城と国の名勝・水前寺成趣園があっばい」

広島「ウチも広島城と縮景園があるわ」

熊本「ばってん、文化財としての価値はこちらが上ばい」

広島「原爆落とされてなかったら、広島城は国宝じゃ」

熊本「熊本も西南戦争や地震でたいぎゃ被害ば受けたけん。そん言ってたらきりがなか」

広島「わかった。ならば世界遺産の数で勝負じゃ」

熊本「…参りました」

WINNER 広島市中区

 

―五番勝負は2勝2敗1分けと全くの五分!したがってエキストララウンドを行います。

 

[6R] 大阪市中央区vs岡山市中区

大阪「お前んとこには大阪城公園みたいな名所はないやろ」

岡山「日本三名園のひとつ、岡山後楽園を知らんのか」

―ストップ!

大阪「なんや?」

―岡山後楽園は岡山市北区です。中区ではありません。よってこの勝負、大阪市中央区の勝ち!

大阪「大阪城公園に対抗できるもんが何もなかったんやな…」

WINNER 大阪市中央区

 

―ついに決着がつきました。熱闘五番勝負は3勝2敗1分けで中央区の勝利です。中央区の皆さん、おめでとうございます!

大阪「勝因は層の厚さやな」

横浜「ソウル市中区を呼んでおけば良かった…」

 

 

iron sea Mr.ヤマブキ

  • 2018.06.18 Monday
  • 00:00

 「Under the Iron Sea」を制作した頃、Keaneのヴォーカルを務めるTomはアルコールとドラッグに悩まされる生活を送っていました。彼はそのころを振り返って、「暗黒の時代だった。答えはUnder the Iron Seaの中にある」と答えています。また、ピアニストであるTimもインタビューでこんな趣旨のことを答えていました。「Iron seaという踏み込むことのできないバリアがあって、僕らは息苦しさを感じている。そんな僕らの世代の思いを代弁したかった」と。

 鉄の海はそんな閉塞感を込めています。救命を目指して燃える医療ではない、現代の一般的な医療の状況。高齢者医療が中心となり、生かすだけではなく、殺すわけでもない医療。救命に向かって次々と決断するのではなく、そもそもの目標を設定せよと次々と決断を迫られる医療。その中で茫漠とした状況に振り回され、医療の無力に絶望し、どうにもならない閉塞感を抱えた医療者の思いです。そして、時に煌くCrystal ballも(南木佳士はそれをダイアモンドダストと表現しました)。

 今はwordで書いて一部を投稿しているのですが、文字数を見るとどうやら99000字に到達しているようで、10万字もすぐそこです。ここまで来れたのも皆さんに読んでもらえていることと、それを直接投票コメントで聞けることのように思います。

 

「これからも『鉄の海』を読みたいので」

 

 いつもハッタリストさんはそうコメントしてくださいます。単刀直入な物言いこそ最も合理的です。本当に励みになります。これまでの分も含めて、ベストコメント賞を差し上げたいと思います。

 

 鉄の海については、今後は収束に向かっていく予定です。今の章が最終章になるだろうと思います。まだどれくらいの分量になるか分からないのですが、おそらく今年中には(毎週間に合えば)書き終えるような気がします。乞うご期待ください。

 

 他のコメントでは、ホワイトさんの「挿絵がとてもノスタルジックで、小学生のときに読んだ何かを読んでいるような幸せな気持ちになれた」というコメントは嬉しかったです。小さい頃読んだ本の挿絵はどれもなぜか少し不気味で絵画めいていた覚えがあります。まさにそれを意図した選んだ挿絵だったので、伝わったことが嬉しかったです。

 

 最後に、次のテーマについては意味深な「24」にしたいと思います。

馬券の現実(139)〜ユニコーンS、函館SS予想〜 たりき

  • 2018.06.17 Sunday
  • 00:00

ここ数日は肌寒い日々が続きますが競馬はすっかり夏モード。函館開催も始まりました。

それではユニコーンSと函館SSの予想を簡単に。

 

続きを読む >>

野球偏考(12)〜対楽天2回戦〜 たりき

  • 2018.06.16 Saturday
  • 20:53

久々にテレビ観戦したので所感を列記してみようと思います。

 

※4回裏

この回先頭の藤田に2塁打を打たれて無死2塁。今江はバント失敗して2ストライク後に右打ちを狙って内角をファールで粘る中、最後は外角低めの見事なストレートで三振に仕留めました。

その後ディクソン、島内に連続四球を与えてしまうのですが、先発岩貞が昨年と違うのは逃げての四球じゃないということではないでしょうか。際どいところに投げた中でしっかり見極められての四球で悪い印象はありません。

後続を連続三振に切って取ってピンチを切り抜けました。

 

※5回表

鳥谷が見事な2塁打で無死2塁。ここで中谷にバントという作戦は違和感を覚えます。DH制があって9番がピッチャーではないとはいえここは期待して打たせるべきなんじゃないかなあと。

また、追い込まれてから右打ちしようと窮屈なバッティングで投ゴロに倒れますが、配球を考えると簡単に外角に投げてくるわけないんだからコースに逆らわないバッティングで良いんじゃないでしょうか。結果的にランナー進められなくてもスリーバント失敗に終わったと思えばいいわけですからねえ。

 

※8回裏

先頭の嶋へはカウント悪くしてからストライクを取りに行ったところを打たれるという悪いパターンになってしまいました。

楽天サイドですがここで嶋に代走を送るのは変な感じがしましたね。それなら代打でも良かったでしょうし、捕手を代えるのであれば則本も降板するものだと思っていましたが。。

1死1、3塁となったところで桑原へ投手交代というのは私はタイミングだろうと思いました。まだ勝ち越しを許していないわけではありますが、右打者が続くところで球数も120球を超えていましたし、信頼できるリリーフに後は託すしかないのかなと。

今江にタイムリーヒットを打たれてしまいますが、ボール球を上手く打たれた印象で仕方がないのかなあと。それ以上の失点は許さなかったのはさすがですね。

 

※9回表

続投の則本は先頭伊藤に4連続ボールで四球。せっかく1点取ってもらったのに一番やっちゃいけない先頭への四球を簡単に出してしまうんですから投手というのは本当にわからないものです。

1死2塁から中谷への配球は疑問がありましたね。追い込んでから外角の変化球を痛打されましたが、元々変化球が得意なバッターであり、カウントにも余裕があったのになぜストレートで勝負に行けなかったのだろうかと。嶋がそのままマスクをかぶっていたら内角のストレートを要求していたんじゃないでしょうか。

その後代打攻勢の原口、高山がしっかりつないで逆転。期待したい若手野手陣の3連打で逆転は良い流れですね。

土壇場で良い反発力を見せました。

 

※9回裏

ドリス、マテオ不在の中、藤川が抑えのマウンドへ。ランナー背負ったものの何とか抑えて2年ぶりのセーブ。

勝ったからというのもなきにしもあらずですが、今日は若手の活躍があっていい試合でした。

結果発表!!

  • 2018.06.16 Saturday
  • 19:02

ZPGP統括本部長A.ハッガリーニです。

梅雨ですね。

鬱陶しい時はサッカーのW杯見て梅雨のないロシアに没入しましょう。

くれぐれもご自愛くださいね。
お待たせして申し訳ありません。
今回は14名の投票をいただきました。

大変お忙しい中ありがとうございます。

投票してくださった皆さんには大変感謝しております。

また様々な都合で投票を断念された方々、また来月お待ちしております。
それでは早速、発表に移りたいと思います。

まずはテーマ「カンゲキ」コンテストから。
感激おじさんのタイトルを見た時には、西城秀樹の話かとおもいましたが。。。

 

さて結果は・・・

 

【テーマ】間隙婦人 Mr.ヤマブキ

 

5票を獲得して快勝しました!!

安倍公房を思わせるシュールなタッチで、これぞヤマブキと言うべき世界を描きました。

挿絵も効果的。

素晴らしかった。

おめでとうございます!!

来月のテーマを決めてもらいましょう。


次に最優秀作品の発表です。
熱量の高い作品が多かった5月を制したのは・・・

おかあさん  Mr.アールグレイ

7票を獲得したMr.アールグレイが2着に大差をつけて圧勝です。

素晴らしかった!!

母の日に叩き込んだ渾身の力作。

エッセイなの?小説なの?

記者会見をよろしくお願いします。

おめでとう!!


最後にいよいよMVPの発表です。

 

Mr.ヤマブキ

 

5票を獲得したMr.ヤマブキが戴冠です!!

おめでとう!おめでとう!

鮮やかに復活してみせ、Mr.Indigoの連覇を止めました。

テーマとの二冠達成です!!

ベストコメントの発表をお願いします。


全投票結果は下記をご確認ください。

2018年5月度投票結果


雑兵日記PREMIERはこれからもずっと続いていきます。
その活動を支えているのは皆さんの投票に他なりません。

あなたも是非、投票してみてください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

カウンター

ブログパーツUL5

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM