明るい悩み相談室PREMIER(268)〜不惑〜  がりは

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 02:19

明るい悩み相談室PREMIER、本日の担当医がりはです。

明けましておめでとうございます。

本年はどうされましたか?

 

40代をどう生きるか。

 

ほうほう、わっかりますわっかります。

人間年を取ると昔のようには生きられません。

同じ空を眺めても、かかる月にはせる思いは変わっています。

サッカーを見れば横浜Fマリノスのボンバーヘッド、一部では吉川市の星とも呼ばれる中澤佑二選手は「四十歳を迎える今年」「今年四十歳のベテラン」などと何かにつけて余計な枕詞をつけられます。

駅伝を見れば往路で優勝した東洋大の酒井監督が四十一歳、立派ですよね。

イケメンですし。

野球を見れば巨人の高橋監督が四十二歳、立派。

プロレスを観ればIWGPインターコンチネンタル王者棚橋弘至が四十歳、立派。

何となく四十歳ともなるとひとかどの人物になっていて、選手から監督へ、とか社員から課長部長へとか、果たしている役割も今までと変わっているようなイメージがあります。

今度五十歳になるとそこから大幅な上積みは期待できず、今持っているものを世の中に還元する方向に意識が向くのかなあと思いますが、四十歳はどうでしょうか。

老けこむにはまだ早いし、とはいえ地位もできつつあって家庭もあったりして冒険はしづらいし、だけど期待や役割が変わるのは確かだという難しい年頃です。

わっかりますわっかります。

私も今年で四十なのでよくわっかります。

 

あくまで私の場合は、というお話になりますが、この難しい年頃を三つのキーワードで乗り切ろうと思っています。

一つ目「ストロングスタイル」。

いつ何時誰の挑戦でも受ける、という心構えがまずは必要かと思います。

誰が何を期待してくるか、初めはうまく想像もできないです。

上からのプレッシャー、下からの突き上げ、いろいろあるでしょう。

それをひとまず受けて、できる方法を考えているうちに自分が一回り大きくなるんじゃないかと、この「ひとまず受けて」の猶予を稼ぐために日々研鑽しているのではないかと思います。

二つ目「ファンキー」。

ファンキーでもいいです、ロマンでもセクシーでもいいです、何か自分の気持ちが揺れる言葉が必要だと思っています。

自分のやろうとしていることがその言葉に照らして違和感がないか考えてみるんです。

私が何かに迷った時にはそれが「人の気持ちに残りそうな」「ユーモアのある」「人をドキッとさせる」「後で振り返っておもしろそうな」ものか、を考えます。

私のファンキーの中身がその辺だ、ということなんですが、後悔することってこの作業をサボった時によく起きています。

三つ目「トランキーロ!」。

変化は急にやるといろいろ無理が出ます。

筋肉だってつるし、痛みが出るのは二日後とかです。

若い時と同じ動きをしてコケる、擦る、捻る、靭帯を切るなんて話はいくつも聞いています。

焦らずじっくりと。

初めはうまく行かないし、むしろうまく行ったら結果を疑った方がいいくらいの気持ちで、徐々にやっていこうと思っています。

お互い良い四十代にしたいものですね。

 

ごく個人的には40歳になるとランのカテゴリーで最年少になるので、その時に記録が狙えるようにこの一年で備えようかなと思っています。

ははは。

 

※明るい悩み相談室PREMIERではあなたのお悩みを受け付けております。

ブログにコメント、投票時にコメント、ハッガリーニにメール、電話、伝書鳩、のろし、などの手段でどうぞ。

ちなみに投票時のコメントでのお悩みには必ず回答いたします。

焦るなよ、みんな  Mr.Indigo

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 00:14

「トランキーロやな」

駅のホームで少し口元を緩めてつぶやく。焦るなよ、か。いい言葉を教えてもらった。

目の前には寿司詰めの電車。そしてさらに乗り込もうとする人々。金曜日の深夜。早く帰りたいと誰もが思っているに違いない。

電車が大幅に遅れていて、私は20分ほどホームで待っていた。乗車待ちの列の一番前に陣取っていたのだが、数分前に列から離れた。乗り込んでも後ろから押されて体が圧迫される。そんな苦しい思いはしたくない。ならば空いている電車が来るまで待とうではないか。

「無理をせず次の電車をご利用下さい」

駅員のアナウンスが響く。おっしゃる通り。待てば海路の日和あり。しかし、なんとか乗り込もうとする人は後を絶たない。

乗るのを諦めたスーツ姿の男が鞄を引っ張り出そうとしている。しかしほとんどスペースがないのか悪戦苦闘を強いられている。必死の形相で頑張ってなんとか鞄を脱出させることができたものの、勢い余って尻餅をついてしまった。無理をしなければ良かったのに。

2〜3分ほど停車しただろうか。ようやく扉がきちんと閉まり、電車は進み始めた。

間髪を置かず次の電車がやってくる。先程20分以上間隔が空いたから、その後は詰まっているのだ。ホームの電光掲示板を見れば一目でわかる。

しかし、到着した電車もかなり混雑していた。乗れないことはないが、まだ次もある。

「もういっちょ、トランキーロやな」

私はつぶやき、再び平然と電車を見送った。ここまでは想定内だ。

ほどなく次の電車が到着。今度は空いている。さすがに座れはしないが、立つには十分なスペースがある。さあ、乗るとしよう。

電車は頻繁に停車する。前を走る電車が混雑していて乗降に時間がかかるため、駅の手前で待たなければならないのだ。しかし、身体を自由に動かすことができるので、それほどストレスは感じない。

途中の乗換駅で大量の客が乗ってきた。2本立て続けに来てもまだ乗りきれなかったのだ。しかし、それでもまだ私の周囲にはいくばくかのスペースがあった。中央の良いポジションを確保していたからだ。

そこから先は空いていく一方だ。時間はかかったが、不快な思いをすることなく帰ることができた。

 

このように、ひたすら待つというのは遅延時の混雑対策として有効である。夜の帰宅時はもちろんのこと、朝の出勤時にも使える。「電車遅延のため遅刻します」で済む場合という条件が付くが。

焦って寿司詰めの電車に乗っても、体調を崩しては本末転倒だ。また、混雑すればするほど、他の乗客が体調を崩したり、車内でトラブルが起きたりする危険性が高まる。巻き込まれるのは避けたいところだ。

寸暇を惜しむのは悪いことではない。しかし、寸暇を惜しむことと焦ることは違う。急ぐことが本当に時間を大切にすることになるのか、考えて行動するべきだろう。

立つスペースすらない電車になおも乗ろうとする人々には、万難を排して急ぐ理由があるのだろうか。おそらく、大半の人はそうではあるまい。ほんの数分待てば乗りやすい電車が来ることなど頭にないのだろう。

今の日本には焦り過ぎている人が多いのではないか。少し落ち着いて考える人が増えれば、単に混雑が緩和されるだけでなく、より生きやすい社会になるのではあるまいか。そんなふうに思うのは、きっと私だけではないはずだ。

馬券の現実(88)〜GI予想コンテスト2017年秋 回顧〜 たりき

  • 2018.01.15 Monday
  • 00:59

競馬2017年シーズンが終わり、年度代表馬はキタサンブラックに決定しました。年間を通してGIばかり6戦走って4勝したのですから当然の結果でしょう。

さて、昨秋私は月刊誌サラブレの秋GI予想コンテストの指名馬を公開していました。今日はその結果記事を秋GIの簡単な回顧とともに書いていきたいと思います。

関連のある記事→馬券の現実(56)〜GI予想コンテスト2017年秋〜 たりき

 

続きを読む >>

馬券の現実(87)〜愛知杯、京成杯、日経新春杯回顧〜 たりき

  • 2018.01.14 Sunday
  • 18:38

惜しいような印象はなきにしもあらずですが、なかなか。。

 

続きを読む >>

馬券の現実(86)〜京成杯予想〜 たりき

  • 2018.01.14 Sunday
  • 02:24

3歳重賞京成杯の予想です。

昨年からホープフルSがGIとなりましたが、まああちらは阪神でこちらは中山という違いはありますが。。

それでは過去の傾向から。

 

続きを読む >>

馬券の現実(85)〜日経新春杯予想〜 たりき

  • 2018.01.14 Sunday
  • 02:22

京都長距離のハンデ重賞、日経新春杯の予想です。

シルクフェイマスが勝ったのは何年前なんだろう。

というのはさておき、まずは過去の傾向から。

 

続きを読む >>

馬券の現実(84)〜愛知杯予想〜 たりき

  • 2018.01.13 Saturday
  • 00:38

牝馬限定重賞、愛知杯の予想です。

連載当初からそうだったのですが、土曜日のレースの予想記事は更新が苦しいです。そのためGIを含めて日曜日のレースの予想記事を基本としたいと考えますが、新年ということもあって先週の金杯に引き続き予想記事を掲載したいと思います。

牝馬限定のハンデ戦なので的中する気がしませんが。

 

続きを読む >>

鉄の海(80) by Mr.ヤマブキ

  • 2018.01.12 Friday
  • 00:26

 Tさんは翌日、変わりなく過ごしていた。酸素の必要量は1Lのままで、悪くはなっていない。発熱は続いていて、良くもなっていない。この状態であればまずは数日抗菌薬を投与して反応を見ざるを得ないだろう。

 医療は待つことの多い仕事である。ドラマは外科や救急ばかり取り上げて緊急処置を施す。華やかなのは確かにそうかもしれないが、大手術の後だって数週間の長い入院治療が待っているし、それが癌の手術ならば何年だって戦っていくことになる。

 一分一秒を争う場面はあるが、それだけが医療ではないし、それが医療の中心でもない。治療がどの程度で効いてくるかは疾患によっても異なるが、数日、あるいは数週間ということもある。リスク軽減の薬剤も多く、それならば良くなることではなく悪くならないことでしか効果は感じられない。

 もしかすると重症の肺炎かもしれない、そんなときも投薬で経過を見るしかない。もしかしたら効かないかもしれないと思いながらもその推移を見守るしかない。冷徹な観察者の一面だ。やっていることはマウスに薬剤を投与しその反応を記録するのと変わりはない。だが目の前の苦痛を取ろうとやたらめったら何でもしてしまうのは回りまわって患者自身の首を絞めかねない。

 そうは言っても、効かないんじゃないかと思いながら抗菌薬投与を続けているときは、良くなるのを待っているのではなくて悪くなっているのを待っているような気分になる。レトリックの問題なのかもしれないが、しかし言葉は概念で、そういう側面は確かにあるのだ。悪くなっていく肺炎を見つめながらステロイド投与にいつ踏み切るか探るのは、これだけ悪くなったのだからステロイド投与のリスクも正当化される、という言い訳を探しているような気がしてしまう。

 だが、そこまで思っていても早期から踏み切らないのは人体に裏切られた経験があるからだ。医学や経験の落とし穴からひょっこりと別の疾患が顔を出している。そんな苦い経験があればこそやはり正当化する言い訳を探してしまう。これまた裏を返せば、不利益から患者を守る策略とも言える。まあ、肚の内はすでに決まっていて、このまま様子を見るしかないのだがそんな医療行為における数々の決断の中にはいくつもの逡巡がある。

できれば丁寧に2017年1月を振り返る(9)  Mr.アールグレイ

  • 2018.01.11 Thursday
  • 23:03

歳末商戦、お正月戦線が終わり、速報ではまずまずの手ごたえでした。

福袋は効果に数年単位で時間がかかるんですが、しっかり工夫をするとその効果は長続きするという私の仮説は当たりつつあります。

福袋買いましたか?

お店の人と普段からコミュニケーションを取っておくと福袋に対する考え方がわかって、大損することが減ると思います。

と、いう話は福袋が店頭に並ぶ前にしておかなくてはいけませんでしたね。

こういうボーンヘッド、機会損失を減らすためにももう少し編集長と内容の相談をしていきたいと思います。

 

明るい悩み相談室PREMIER(211)〜リニューアル〜  がりは 

 

いつもよりもあっさり味の相談室。

まともに回答しているようにも見えますが物足りない気持ちになるのは、もうがりはさんの手のひらの上で転がされているのでしょうか。

いつものこってりとした毒々しい色のスープを悪態をつきながら飲み続けていたら、普通のコンソメスープが味気なく感じる、という現象に思えます。

 

将棋連盟のホームページを覗きに行ってみました。

きれいなページで、情報も多いしいいと思いました。

ただ一覧性が少し弱くて、縦にずっと追っていかないといけないのは慣れないうちはきつそうだなと思います。

私たちはずっとやわになっていて、ちょっとやそっと綺麗で便利くらいではそのページを高く評価できなくなっています。

と、いう使う側の事情がホームページに関する不満の一部にはあるのではないかと思います。

 

お客様の悩みをシステム導入で解決することがあります。

ただその時に導入部門の方に必ずお話しするのが、新システムはどれだけ素晴らしいものを導入しても慣れるのに早くてひと月、普通は半年くらいかかるのでその間の不平不満というのは想定しておいてくださいねということです。

 

これ、営業としてお客さんに言うのは結構勇気がいるんじゃないかと思うんですが、がりはさんは仕事をしている時も普段とあまり変わらない感じなんでしょうね。

小売業をやっているとバックヤードと店内ではキャラクターがガラッと変わる人が多くて驚かされます。

私は普段とあまりかわりません。

十倍くらい明るいだけですよ。

 

 

201611月の振り返りを丁寧に(9 Mr.アールグレイ 

 

自作なので紹介だけー。

 

一年遅れにならないように必死に逃げます。

結果発表!!

  • 2018.01.10 Wednesday
  • 00:24

ZPGP統括本部長A.ハッガリーニです。

長期の冬休みだった方、大丈夫ですか?

無事に復帰できましたか?

適度な冬休みだった方、大丈夫ですか?

もう復調できましたか?

冬休みなど無かった方、大丈夫ですか?

あなたのおかげで日本が回っています。


お待たせして申し訳ありません。
今回は14名の投票をいただきました。

大変お忙しい中ありがとうございます。

投票してくださった皆さんには大変感謝しております。

また様々な都合で投票を断念された方々、また来月お待ちしております。
それでは早速、発表に移りたいと思います。

まずはテーマ「カイジュウ」コンテストから。
今回は500字の縛りあり、中身もバラエティに富んで4名と少頭数でしたが熱戦!

 

さて結果は・・・

 

【テーマ】ペンタゴン機密文書 Mr.X

 

唯一6票を獲得して圧勝しました!!

連覇達成です!!

おめでとう!!

テーマと言えばMr.Xという風格が出てきました。

来月のテーマを決めてもらいましょう。


次に最優秀作品の発表です。
今回は久々のあの人が本命視されていましたが、どうだったのでしょうか。

 

現代人は信じすぎ(前・後編)   ハッタリスト

5票を獲得したハッタリストは2着以下に3馬身をつけての圧勝です。

久しぶりの最優秀作品賞おめでとうございます!!

記者会見をよろしくお願いします。


最後にいよいよMVPの発表です。

みなが本数を減らしたスローペースのレースを終始引っ張って逃げ切ったのはこの人です!

 

Mr.Indigo

 

8票を獲得しMr.Indigoが圧巻の連覇達成です!!

おめでとう!おめでとう!

 

ベストコメントの発表をお願いします。


全投票結果は下記をご確認ください。

2017年12月度投票結果


雑兵日記PREMIERはこれからもずっと続いていきます。
その活動を支えているのは皆さんの投票に他なりません。

あなたも是非、投票してみてください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

(業務連絡)

今回三題噺のネタを募集しましたところ

「風車」

「イヌ」

「ありません」

「マリンバ」

と寄せられました。

このうち3つを選んで三題噺を書きましょう。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

カウンター

ブログパーツUL5

twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM