幻想商店街へようこそ by Mr.ヤマブキ

  • 2017.05.28 Sunday
  • 01:28

 ようこそはじめまして。

 本日は当市の名物であります幻想商店街へお越しいただきまして誠にありがとうございます。ここからの案内はバスガイドに代わりまして、わたくし高階、高階が務めてまいります。

 商店街と言えば、まずは八百屋を忘れることはできません。左手をご覧ください。こちらでは多種多様な野菜を取り扱っております。各国の一般的な野菜はもとより、食用可能なあらゆる植物を取り寄せております。これは高山植物のエーデルワイスですね、こちらは食虫植物のウツボカズラですね、これは砂漠に育つと呼ばれるキソウテンガイですね。そちらの区画の野菜にはお触れにならないようお願いします。マンドラゴラは奇声を上げ精神を狂わせますし、平行植物たちは触れることで消滅してしまいます。

 さて、次は右手をご覧ください。魚屋が見えてまいります。まず飛び込んでくるのは吊るされた巨大なホオジロザメの姿でしょうか。映画ジョーズのモデルともなった巨大なサメを店長が豪快に捌いていく様は圧巻の一言です。その隣に置かれているのはリュウグウノツカイ、メガマウス、シーラカンスといった希少種ですね。切り身で置かれているのは、ネッシーとシーサーペントです。もちろん本物ですよ。あの巨体を店に置くのは難しいというだけの理由です。もし信じられませんようでしたら、お買い上げの上、実際に召し上がってみてはいかがでしょうか。

 そろそろ商店街の奥まで来たようです。ご紹介いたしますのは、左手の肉屋でございます。ありとあらゆる生き物の肉を取り揃えております。今日は珍しくケルベロスの肉が入っているようですね。この赤身の色調をご覧ください。毒々しささえ感じられる赤身こそ地獄の番犬にふさわしいでしょう。その奥にはドラゴンや鼻行類として知られるナゾベームの肉までございます。そして、こちらに見えますのが目玉商品、古来より珍味中の珍味として扱われてきました商品でございます。この肉が何の肉なのかお知らせする前に、当商店街名物の肉屋の店主をご紹介いたします。彼が一目置かれているのはまさにその肉へのこだわりでございます。どんな肉でも美しく捌きこなすその包丁運びはもとより、獲物の確保から店頭に並べるまで非常に洗練された形でやってのけるのです。いかがされましたか?どうして逃げるのですか?……逃げても無駄ですのに。

 

 さて、入り口はあっても出口がないのが幻想商店街。案内は高階、高階でした。

馬券の現実(12)〜日本ダービー 最終予想〜 たりき

  • 2017.05.28 Sunday
  • 00:57

1番人気アドミラブル、2番人気レイデオロ、3番人気スワーヴリチャードですか。

方々でそのような記事を見かけたように、今年の皐月賞はダービーに繋がらないのではないかという人気順ですね。

前走皐月賞以外が1番人気に推されたのは過去10年では2回あって、どちらも人気に応えて優勝しています。(キズナ、ディープスカイ)

今年もその確率が高い気がしますが、青葉賞組が本番で優勝したことがない以上に心配なのは枠順です。ダービーは内枠有利なんですよね。ちなみに別路線から1番人気で優勝した上記2頭はどちらも1枠1番でした。

大外枠はさすがに厳しい気がするのですが、傾向からも好走する確率は高いと考えて対抗とします。

本命は、週中の予想通りにスワーヴリチャードとします。内枠にも入りましたし、3番人気というのもちょうどいいところではないでしょうか。ペースは遅くなるのではないかと考えていて、あまり位置取りが後ろ過ぎると届かない可能性がありますが、直線での爆発力に期待します。

抑え1頭目はダンビュライト。そうでなくても3着候補としていましたが、1枠1番の好枠を引いたことで買わざるを得ない状況ですよね。皐月賞で先行したダメージが気になりますが、ユタカJの手腕にも期待です。

抑え2頭目はベストアプローチ。弥生賞4着から青葉賞優勝というのはダービーで好走する青葉賞組のパターンで青葉賞2着というのは惜しい戦績。しかし、負けた相手が1番人気に推されているアドミラブルですから、抑えておきたい1頭です。

抑え最後は2番人気レイデオロ。皐月賞は後方からの競馬で5着。それが休み明けだったということで2番人気に推されているのは罠のような気もしますが。。中山2000mの重賞を勝った後に休み明けで皐月賞参戦したのは父が同じキングマンボ系のエイシンフラッシュと同じです。また、3代母がディープインパクトの母ウインドインハーヘアで先週のアドマイヤミヤビと同じということもあって抑えることにします。

 

まとめ

◎スワーヴリチャード

○アドミラブル

△ダンビュライト、ベストアプローチ、レイデオロ

買い目

馬連  ◎○ー◎○△△△

3連複フォーメーション  ◎○ー◎○△△△ー◎○△△△

3連単  ◎→○→△△△

 

皐月賞馬アルアインは迷った末に無印。

皐月賞4着のクリンチャーも新馬戦の大敗を除くと悪くない戦績なのですが、皐月賞で先行した馬のダメージがあるのではないかということで消しました。ミヤリン厩舎ごめんなさい。

週中は名前を挙げませんでしたが、サトノアーサーも5番人気になっていますし気になる1頭です。しかし、毎日杯で負けていた馬の成績が悪いのが気になりますし、少頭数しか経験していないことも響いてくるのではないかということで気合の消し。

 

どんな結果になっても馬券的には後悔する気がしないではありませんが、とにかくレースを楽しみたいものです。

最後に、日本ダービーは東京10Rなのでご注意下さい!

【テーマ】みきゃんの商店街自慢 Mr.Indigo

  • 2017.05.27 Saturday
  • 20:05

吾輩はみきゃんである。愛媛県のイメージアップキャラクターなのだが、Mr.Indigoとかいうオッサンによってファミリー解説者に任じられ、いいように利用されている可哀想なぬいぐるみである。
そして、奴は再び原稿を丸投げしてきた。
「ねぇ、解説者く〜ん」
な、なんや?
「松山自慢のスポットって、道後温泉や松山城以外にもあるよね」
あるけど、それで?
「特に市駅から大街道までの商店街は凄いと思うんだけどぉ」
確かに凄いけど、なんか気持ち悪いでオッサン。
「今月のテーマは『商店街』だから、よろしくね!」
…はいはい。

とはいえ、奴の言っていることは紛れもない事実である。イメージアップキャラクターとして、松山の商店街の魅力を紹介するとしよう。
さて、松山中心部の商店街は伊予鉄道の松山市駅の前からスタートする。ちなみに伊予鉄道は愛媛の地方私鉄で、道後温泉やJR松山駅前に向かう路面電車も運行している。
松山市駅前に入口がある銀天街は600mほど続くアーケード街で、その先端で左折すると大街道商店街に入る。さらに500m近くアーケード街が続き、路面電車の大街道停留所に至る。
すなわち立地は非常に良い。松山市駅には空港や他の都市からのバスが集まるし、大街道は松山城の最寄りの停留所である。観光などで訪れた人の目にも入りやすい。街外れに向かって延びているのではなく、交通の中心と観光の拠点を結んでいるというのは大きなアドバンテージだ。
だが、中身がつまらないと人は集まらない。1km以上あるから、両端が点として栄えるだけになってしまう。線として賑やかな商店街を成立させているのは、各店舗の努力と協力によるところが大きい。
銀天街も大街道も、全国チェーンのファーストフード店やドラッグストアもあれば、洒落たファッションや雑貨の店もあり、昭和を感じさせる衣料品や食料品の店もある。この多様性も魅力のひとつで、歩いていて楽しい。
そして、各店舗が共存共栄を目指して頑張っているから、この界隈に店を出す価値が上がる。ゆえに閉店でスペースが空いてもすぐ次が入ってくる。こうして商店街のクオリティが保たれているのだ。
また、イベントも頻繁に行われている。ペンギンと触れ合える移動水族館や、きかんしゃトーマスの引くミニ列車の設置など、次から次へとアイデアが出てくる。正岡子規ゆかりの街だからか、俳句コンテストの受賞作が吊るされることもある。こうした仕掛けがリピーターを増やし、商店街をより魅力的にしていると言えよう。
吾輩の巨大化バージョンもしばしば現れる。記念撮影なども可能なので、松山を訪れるのなら、吾輩や商店街のオフィシャルサイトでリサーチしていただけると幸いである。
ここの集客力や賑わいは、地方都市としては相当優秀な部類に入るだろう。地方の商店街の衰退が問題になって久しいが、そんな風潮は微塵も感じられない。
寂れつつある商店街の再興のヒントも松山にあるのではないか。立地はどうしようもないが、Webの整備や店舗の協力体制、積極的なイベントの開催など、できることはある。吾輩のようなゆるキャラも協力してくれるだろう。

末筆ながら、銀天街や大街道では吾輩の仲間がたくさん販売されている。土産物店や玩具店を訪れた際は、ぜひお買い求めいただきたい。ただし、くれぐれもファミリー解説者などに任命したりしないよう、強くお願いしておく。
 

やまがある日記〜笹ヶ峰(1860m) Mr.マルーン

  • 2017.05.27 Saturday
  • 00:00

GW登山旅行の二座目は、二百名山にも選定されている笹ヶ峰に登る。

全国的に知名度の高い山ではないが、愛媛では石鎚山、瓶ヶ森と並んで伊予三座として称される山だ。

昨日の石鎚登山の疲労が残っているのを感じながら、宿を朝6時に出発した。素泊まり2泊で5000円の、寝床があればいい身としては最高にありがたい宿であった。また来るときは使わせてもらいたい。

 

伊予西条の打ち抜きで飲み水を汲んでから(石鎚山を水源とするこの水がものすごく美味い)車を走らせることおよそ50分。途中の林道で野生の猿に出会ったりしながら、寒風山登山口の駐車場に到着した。

トイレと準備体操を済ませて早速出発する。

 

はじめの40分ほどは急登が続く。朝露で輝く苔が美しく、途中咲いているショウジョウバカマも愛らしい。しかし、いつも通りには身体が動かない。普段ならなんともない程度の急登にどんどん体力を持っていかれる感じがする。

やはり二日連続の登山は無茶だったか。しかしこの程度こなさなければ夏の北アルプス縦走など夢のまた夢だ。ペースを抑えめにして、一歩一歩進んでいく。しばらく我慢していると、身体が少しずつ動き始めた。よしよし。その調子。

植生が変わって低木が目立ち始めると、やっと稜線上に出る。やはり昨日と同じくガスに包まれている。峠の分岐で休憩していると、笹ヶ峰方面から大きなザックを背負った単独行の若い女性がやってきて、立ったまま軽く休憩したのち伊予富士のほうへ去っていった。テント泊での縦走だろう。かっこいい。

稜線の縦走路を進んでいく。途中何度か岩峰の小ピークをはしごやロープ伝いに越えるシーンもあり、なかなか気が抜けない。

最初のピーク、寒風山の山頂に差し掛かるころ、ガスがさあっと切れて北側の展望が開けた。青空の中、東伊予の街々と瀬戸内海にかかるしまなみ海道まで見渡せる。瓶ヶ森の雄々しく堂々とした山容が美しい。その奥に石鎚山も少しだけ姿を見せてくれた。

そのあとまた霧に包まれてしまったが、青空を見るとやっぱり元気が出る。

寒風山から笹ヶ峰にかけては一度100mほど下ってから登り返す。山と高原地図では「快適な縦走路」と書かれている。笹の稜線は確かに美しく気持ちいいものだが、その言葉から想像されるよりは意外と険しい。足場が不安定な部分もあり、慎重に越えていく。

笹ヶ峰、という山の名の通り、山頂部はイブキザサに覆われている。登山道が笹に覆われて見えにくい。藪漕ぎというほどではないが、トレッキングポールでかき分けながら進んでいくので、結構疲れる。というか、もうへろへろである。

山頂についてみると、例によってガスによって展望ゼロ。晴れていれば瀬戸内海と太平洋と、両方見えたはずだが…。今回の旅はこういう旅だったということだろう。

長めの休憩をとったのち、各自へとへとで下山した。

コンディションが問題ない時に登るなら体力的にものすごく大変な山というわけではないはずだが、きつい山行だった。

 

前日の石鎚山と比べると、笹ヶ峰は人も少なく登山道にも「登山らしさ」があり、山深さや山頂部の風景も含めていぶし銀の渋い山という印象だった。それぞれにどちらも好ましい。

この旅で二つの愛媛の山に登ってみて、関西の山にはない、荒々しさであったり風景であったり、独特の魅力があるなと感じた。その後GWの休み中筋肉痛に悩まされることになったが、楽しかった。

剣山、東赤石山、三嶺など四国にはほかにも魅力的な山が多くある。次来るときはどこに登ろうかな。楽しみだ。

 

2016年12月を丁寧に過ごす(7) Mr.アールグレイ

  • 2017.05.26 Friday
  • 00:00

今これを書いているのは510日の早朝ですが、これが載るのは26日だと言われています。

もし26日ではなくもっと前に載るのだとすると、PREMIERが少しピンチを迎えていることになりますし、後に載るようだと私のPREMIERのキャリアが少しピンチを迎えているということだと思います。

私の振り返りシリーズは多くて週一回がしつこくならない限度かなあと思いますが皆さんはいかがお考えでしょうか。

となると月8作品程度しか振り返れないことになり、一月30弱ノルマが積み上がる状況では全く現状に追いつけなくなるのですが。

また、しつこいをひつこいという関西弁の女の子がかわいい、ああいうものに私もなりたい、と思うのは厚かましいでしょうか。

 

 

2016年10月の振り返りを丁寧に(6) Mr.アールグレイ

 

 

自作なので紹介だけ。

ただ、ここで私がヤマブキさんのことを「星野源みたいな人だと想像しています。」と書いていて、そうかここからがりはさんはああいうことを書いているのね、と再認識しました。迂闊なことを書くものではありませんね。

 

要らない宝物  Mr.Indigo

 

紹介だけー。

 

2016年10月の振り返りを丁寧に(7) Mr.アールグレイ

 

自作なので紹介だけ。

この頃はまだ現実に追いつける気がして、一生懸命に走っていましたね。

あははおほほ。

 

鉄の海(35) by Mr.ヤマブキ

 

どこまでが小説、どこまでが本音かわからない私小説として読んでいる鉄の海ですが、ここにきて重要な告白、心情の吐露があります。

職業人としての根幹について。

 

医者の半分は重症が好きだ。ヒロイズムの一部でもあるが、何より待ち構えるいくつもの手技、複雑な管理ポイントなど、実力を十分に発揮できる状況は自信家にはちょうどいい。不謹慎と思いながら重症患者を診たいと思った経験は多くの医師にある。しかし、それさえ無意識の言い訳かもしれない。恥ずかしくて自分の心の中でさえ言語化したくないような感情は、重症患者を診ている自分が格好良い、ということだ。

 

人の命を預かっている身でここまで言うのはすごいと思います。

私は三度キャリアを変えている関係で、人よりも多くの職場を見てきていると思うのですが、どこの職場にもトラブルシュートが生きがいの方がいらっしゃいます。

普段は何をしていても本気にならないというか、仕事のどこにご自身のやりがいがあるのか外からは見えないのですが、誰かがトラブルに巻き込まれたと知った時の顔ときたら。

「いやー、こりゃこれから三日は帰れないなあ!」とパンパン手を叩きながら嬉しそうに大声を出す癖がある方もいたくらいです。

 

大学に入ってしばらくして、小中高と教わってきた先生もみな人間だったのだ、だから尊敬すべき人もいればそうでない人もいるのは当たり前なのだ、とある日突然気づきました。

軽い雷(そんなものがあればですが)に打たれたように気づいたので、こういうのはもっと大それた発見の時にしてほしいと思ったものですが。

引用した文章を読んだ時に、それと似た感覚がありました。

知らず知らずのうちにお医者さんと私の間に線を引いていますが、彼らも恥ずかしい所のある人間なんだと。

案外そういうところが理解されていないので、医師が働いていて苦しむようになっているのではないかと思いました。

鉄の海(50) by Mr.ヤマブキ

  • 2017.05.25 Thursday
  • 00:00

 暗い怒りの感情が湧き上がるのを抑えきれない。風邪を早く治す薬はないし、抗生物質もその例外ではない。この落胆と三時半に風邪で起こされた伏線から、そんな薬はないんだよ、と弾き飛ばしてしまいそうになるが、このステップを共有しない彼からは、医者は不機嫌で感じが悪いという話になるだろう。

「すみませんでした、しかし風邪を早く治す薬というのはありません。風邪はウイルスからくるものですが、抗生物質は細菌にしか効かないからです。少なくとも危険な病気ではなさそうですから、症状を抑える薬で自然に治まるのを待ちましょう」

「ほんとにくれないんですか?もういいです、ありがとうございました」

 そう言って彼は乱暴にドアを閉めて診察室を出た。

 僕は舌打ちして机を叩いた。彼自身にも腹が立ったが、そもそもは患者の解釈モデルを窺い知るという基本を怠ったからだろう。この深夜に受診した理由を推察して、勝手に心筋炎の除外に辿り着いたことをファインプレーと満足してしまったせいだ。病気に対する解釈モデル、患者の希望に沿って診療を進めることも重要なことで、検査を始める前にただ一言、この遅い時間に来られたのはどんな理由でしょう、と聞けばよかったのだ。そうすれば彼は明日仕事だから薬をくれ、と言っただろう。そしてそうであれば検査はしなかっただろう。症状が悪化するなら来院するよう指示して、それで終わった話だ。お互いの1時間のロスは無かった。

 

 言い訳にはなるが、この辺りのコミュニケーションの怠慢、判断ミスはこの寝ぼけ頭のせいだと信じたい。これが夜の九時ならもう少しスマートに診療することもできただろうに。終わったことは悔いても仕方ない、と自分に言い聞かせてみるがわだかまりや苛立ちが残る。若い頃ならその苛立ちに身を委ねて悶々と夜を明かしかねないが、そのような愚かさも体力もない。とにかく眠たいのでベッドへと向かう。せめて七時くらいまでは寝かせてくれないかと祈るばかりである。

親子遠足雑記  Mr.Indigo

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 12:00

「お父さん、お家で育児とかされてますか?」

単刀直入に聞かれた。次女の担任のM先生は中国育ちだそうで、日本語の会話には若干片言のような感じが残っている。しかし、日本で保育士免許を取得し、息子さんは古都の超難関大学に合格したという凄い人である。

 

我々は保育園の親子遠足で北浦和公園を訪れていた。主役は次女で長女のクラスは対象外だが、連れてきてはいけないわけではないので、家族4人で来ていた。ただし、妻と長女は荷物を置きに行っていてこの場にいない。

「今、母親も姉ちゃんもいないけど落ち着いてるでしょ」

私は笑った。それでわかってくれるだろう。

「そうね」

「イクメンですね」

こう言ったのは副担任格のY先生。

「イクメンのお父さんで良かったね〜」

M先生も同意した。イクメンという言葉(あくまで現在の一般的な用法での話だが)は女性主体の評価のように思えて好きではないのだが、この状況で育児のプロに言われるのは悪くない。

 

「そろそろ歩いてよ〜」

M先生は次女の頬を指でつついて笑みを浮かべた。もう1歳5カ月なのに、まだ歩かないのだ。

「いやぁ、自分も1歳半まで歩かなかったもんで…」

そう、これは間違いなく遺伝である。あるサイトの統計によると、1歳5カ月までに歩く確率は99.6%。親子2代続けて0.4%の中に入ったのだ。偶然の一致とはとても思えない。

保育園に入って同級生を見れば変わるかな…と思っていたが、今のところそんな様子はない。マイペースで自分の関心に従って行動するから、歩けるようになりたいとはあまり思わないのかもしれない。

まあ、先生も気にかけて下さっているようだし、さすがにそろそろだろう。

 

さて、この遠足では自由行動の時間が1時間ほどある。大半は1〜3歳の子なので、滑り台や砂場に人が集まる。私も、次女を連れて滑り台を数回滑った。

ちなみに、長女と同じクラスの子も何人か来ていたが、弟妹と遊んでやる子はいない。本人たちが、公園遊びが楽しくてたまらない年頃なのだ。

小さい子にはできないアクロバティックな遊び方をするので、時には我々が彼らをたしなめることもあった。大きい子の担任の先生は来ていないし、我々にも安全を守る責任がある。

 

弁当の後、親子遠足の最後にはジャンケン大会がある。保護者たちが先生とジャンケンをして、数人まで絞り込まれたら直接対決で賞品獲得者を決めるというシステムである。

今年は5つ賞品があったのだが、いきなり大チャンスが訪れた。チョキ、パーの順で出すとあらかじめ決めていて、作戦通り先生に連勝し、残り3人まで勝ち上がったのだ。あとは2人の保護者を倒せば賞品ゲットだ。

最初のターンは3人ともチョキ。そして、次で私は判断を誤る。私はグー、残り2人はパーで、敗退となってしまった。

「あいこでしょ」の数秒しか合間がないから、物理的に出しにくいチョキを連続で出してくる可能性は低い。考えてみれば当然のことだ。裏をかいてチョキを出していれば、賞品を獲得できたではないか。ちなみに、後の4回は先生に勝てず見せ場なし。

 

楽しくて悔しかった親子遠足。いろいろあって出発時はもやもやした気持ちだったのだが、よい気晴らしになった。

次女のクラスはまだ知らないことが多く、これから成長とともに楽しみが増えていくに違いない。いつの日か、長女の親友一家のように、家族ぐるみの付き合いができればと思っている。

明るい悩み相談室PREMIER(224)〜楽〜  がりは

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 00:00

明るい悩み相談室PREMIER、本日の担当医がりはです。

こんばんは。

今日はどうされましたか?

 

すぐに楽な方に逃げることばかり考えてしまいます。どうすればいいでしょう。

 

ほうほう、わっかりますわっかります。

ほら、あれでしょ。

逃げちゃだめだー!とか言う奴でしょ。

あれ見て「あ、逃げちゃだめなんだ!」とか思っちゃったんでしょ?

わかりますわかります。

あの独特の世界観。

みんなアニメの主人公みたいなしゃべり方してね。

え?あれアニメ?

そうでしたかー。

逃げられるならね、それに越したことはないですよ。

余計な争いはせず、ココロヘイワに生きるのが長生きの秘訣です。

 

あれ?

使徒とか関係ない?

アニメじゃない?

そうですか。

シンジくんて名前でしょ?

違う・・・。

そうでしたか。

すみませんすみません。

 

楽な方に逃げるのは方向としてそんなに悪くないと思うのですよ。

必要は発明の母なわけで、何かをやりたくないと思う気持ちはそれを代行してくれるサムシングの母になり得ますよね。

自分で作る必要はないわけです。

作れそうな人のところで「あーこれやりたくねえなあ。」「これやってくれるサービスがあれば金払うのになー」などと繰り返しアピールすればよいのです。

あなたの楽な方に逃げるくせは、逃げ先を解決してくれそうな人のところに設定できれば世界を救う可能性がありますよ。

頑張って!

 

違う?

それすらめんどくさい?

じゃあ逃げるな!て言えばいいんですか?

それで満足なんですかと問いたい。

 

戦うべき相手と戦うべき時に戦えることこそが幸せだと語った格闘家がいましたが、そんなチャンスがあって逃げたなら非難されるべきかと思います。

そうでなければ戦うべき時に備えて逃げて体力を温存するのは必要なことだと思います。

それを考慮することなく、面倒くさいから逃げる、ということではちょっともったいない気がしますね。

やりたいことが決まっていてそのためのマイルストーンも明確であるならば、それに寄与しない何かに関わっているのはもったいないですから逃げていいでしょう。

まあ、そうであるなら相談もしてこないですか。

 

つまり逃げたことをくよくよしているうちは、自分が何を成すべきかわかっていないわけですから、何かのきっかけになると思って逃げずに頑張ってくださいよ。

人生は長い長い暇潰しです。

 

やる気スイッチというのはやらないと入らないそうです。

やる気スイッチが入ったからやるわけじゃないんですね。

何かが現れてあなたに何かをするように要求してくる、逃げるのではなくそこで前に進む。

するとやる気スイッチが入ります。

色んな事をやってやってとしていると、あなたがやりたいことが見えてきます。

やりたいことが見えたなら、逃げるべき時には逃げれば良いでしょう。

 

でも、あなたが人生の存亡のカギを握るような方であれば別です。

あなたが何をしたいかに関わらず、私のために逃げずに戦ってください。

 

 

※明るい悩み相談室PREMIERではあなたのお悩みを受け付けております。

ブログにコメント、投票時にコメント、ハッガリーニにメール、電話、伝書鳩、のろし、などの手段でどうぞ。

ちなみに投票時のコメントでのお悩みには必ず回答いたします。

馬券の現実(10)〜日本ダービー データから〜 たりき

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 23:12

今週はいよいよ東京優駿(日本ダービー)です。

牝馬が1番人気に推された皐月賞ではアルアインが好時計で勝利。人気馬総崩れの結果となりましたが、ここではどのような結果が待っているのでしょうか。そもそも1番人気はどの馬になるのでしょうか。

予想しがいがありそうな日本ダービーになりそうです。もちろん、的中できる気はまったくしないんですけどね。

それでは張り切って10年分の過去の傾向を。

 

上位人気馬の成績

1番人気

31214131217

2番人気

2455576149

3番人気

1312112913181

4番人気

591291045573

5番人気

6216132922516

1番人気はさすがの安定感ですね。また近年では3番人気の好成績が目を見張ります。それとは逆に24番人気はほとんど馬券に絡めていないというなかなか際立った傾向になっています。

まあ、当日の人気がまったく予想できない今年は人気順による傾向が当てはまらないような気がしないでもありませんが。。

 

前走から

皐月賞1着 ()内は東京開催

31255、(1)、312、−、9

皐月賞2

14524、(7)、914114

皐月賞 34

2414、−、取消、19、−、16、(−、12)、121364573

皐月賞 59

57310768111610、(41115)、1342135

皐月賞 10着以下

17101315416718716、(381317、中止)、81516171271681214810

皐月賞組が7勝、26回、35回でやはり最重要ステップであることに変わりはないですね。1着馬はそこそこの成績と言えなくはないですが2着馬はあまり良くなくてむしろ34着馬の方が好成績。5着以下から連対を果たしたのは2010年のローズキングダムと不良馬場で着順が皐月賞とガラッと変わった2009年のロジユニヴァース、リーチザクラウン。

 

青葉賞 1

1396132265716

青葉賞 2着以下

910167310312867896161415

京都新聞杯 1

62131354、−、1711

京都新聞杯 2着以下

14121891115414910101114

プリンシパルS 1

12、−、81714951096

プリンシパルS 2着以下

31018

NHKマイルC 1

−、−、−、15、−、−、−、181、−

NHKマイルC 2着以下

8111518681116141011121315171416121115173152121317

桜花賞

121

毎日杯

18

若葉S

17

ヒヤシンスS

中止

端午S

18

青葉賞、京都新聞杯1着馬は良くはないけど悪くはないかなというくらいでしょうか。ただし勝ったのはキズナのみ。青葉賞は2着以下から3着に入ることがたまにあるので注意が必要ですね。

プリンシパルS組は散々な成績で、3着に入ったのはシンザン記念の実績があったアントニオバローズのみです。

NHKマイルC組は近年は参加するだけといった感じになっちゃってますね。

 

実績から

弥生賞1

135、−、673143

弥生賞2

5、−、1187、−、−、−、3、−

弥生賞3

413、−、9、−、12、−、−、115

弥生賞4着以下

581515122152815101316911

スプリングS 1

714、−、51011312210

スプリングS 2着以下

111646118814151121336、中止、2481158912134

毎日杯 1

6103118、−、取消、1718

毎日杯 2着以下

156714914512577141116

アーリントンC 1

8、−、−、−、1117、−、−、−、−

アーリントンC 2着以下

467171711513

共同通信杯 1

34211541615127

共同通信杯 2着以下

61511011163813161431013、取消、689111410

きさらぎ賞 1

2、−、168411、−、252

きさらぎ賞 2着以下

1216911181214111723138

京成杯 1

17、−、−、−、−、1311644

京成杯 2着以下

181631014171249

シンザン記念 1

88、−、−、−、−、−、3、−、3

シンザン記念 2着以下

取消、81179111213

すみれS 1

−、189、−、915、−、−、−、−

黄金ローテの弥生賞勝ち馬は悪くはないけど決して良いとは言い切れない成績ですね。そして23着馬よりも4着以下に負けていた馬が意外と好成績。

スプリングS組は特に近年は低調ですね。毎日杯組は京都新聞杯勝ちから参戦のキズナとNHKマイルCとの変則二冠を達成したディープスカイです。

共同通信杯組、きさらぎ賞組は2着以下からも好走する馬がいて注意が必要です。

馬券の現実(11)〜日本ダービー データから〜 たりき

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 22:56

血統から

 

 

父の母父

母父

母母父

2016

1

ディープインパクト

Alzao

フレンチデピュティ

Rainbow Corner(ブラッシンググルーム系)

 

2

ディープインパクト

Alzao

Orpen(ダンチヒ系)

サザンヘイロー

 

3

ディープインパクト

Alzao

ブライアンズタイム

サドラーズウェルズ

2015

1

キングカメハメハ

ラストタイクーン(トライマイベスト系)

サンデーサイレンス

トニービン

 

2

ディープインパクト

Alzao

Intikhab(ロベルト系)

Caerleon(ニジンスキー)

 

3

Marju(トライマイベスト系)

アーテイアス(プリンスキロ系)

Rossini(ミスワキ)

Vettori(Machiavellian

2014

1

ハーツクライ

トニービン

タイキシャトル

ダンチヒ

 

2

フジキセキ

Le Fabuleux(セントサイモン系)

コジーン

クラフティプロスペクター

 

3

ブラックタイド

Alzao

グラスワンダー(ロベルト系)

Dayjur(ダンチヒ)

2013

1

ディープインパクト

Alzao

ストームキャット

ダマスカス

 

2

シンボリクリスエス

Gold Meridian(ボールドルーラー系)

スペシャルウィーク

サドラーズウェルズ

 

3

Big Brown(ダンチヒ系)

ヌレイエフ

Pure Prize(ストームバード系)

Prized(ロベルト系)

2012

1

ディープインパクト

Alzao

Loup Sauvage(ネヴァーベンド系)

Akarad(ブランドフォード系)

 

2

ステイゴールド

ディクタス

デインヒル(ダンチヒ)

Averof(ハイペリオン系)

 

3

ディープインパクト

Alzao

ノーザンテースト

クラフティプロスペクター

2011

1

ステイゴールド

ディクタス

メジロマックイーン(パーソロン系)

ノーザンテースト

 

2

ハーツクライ

トニービン

ストームバード

Time for a Change(ダマスカス)

 

3

キングカメハメハ

ラストタイクーン(トライマイベスト系)

サンデーサイレンス

セレクト

2010

1

キングズベスト(キングマンボ)

Lombard(テディ系)

プラティニ(ハンプトン系)

Sure Blade(シャーペンアップ系)

 

2

キングカメハメハ

ラストタイクーン(トライマイベスト系)

サンデーサイレンス

Shirley Heights(ネヴァーベンド系)

 

3

ネオユニヴァース

Kris(シャーペンアップ)

Machiavellian

Bustino(ブランドフォード系)

2009

1

ネオユニヴァース

Kris(シャーペンアップ)

Cape Cross(ダンチヒ系)

Machiavellian

 

2

スペシャルウィーク

マルゼンスキー

Seattle Slew(ボールドルーラー系)

ミスタープロスペクター

 

3

マンハッタンカフェ

Law Society(リボー系)

キングマンボ

Tentam(マンノウォー系)

2008

1

アグネスタキオン

ロイヤルスキー(ボールドルーラー系)

チーフズクラウン(ダンチヒ)

Key to the Mint(リボー系)

 

2

タニノギムレット

クリスタルパレス(グレイソヴリン系)

サンデーサイレンス

マルゼンスキー

 

3

クロフネ

Classic Go Go(エクリプス系)

ウイニングチケット(トニービン系)

トウショウボーイ(プリンスリーギフト系)

2007

1

タニノギムレット

クリスタルパレス(グレイソヴリン系)

ルション(ネヴァーベンド系)

トウショウボーイ(プリンスリーギフト系)

 

2

ホワイトマズル(ダンシングブレーヴ系)

Ela-Mana-Mou(フェアウェイ系)

サンデーサイレンス

What Luck(ボールドルーラー系)

 

3

アグネスタキオン

ロイヤルスキー(ボールドルーラー系)

Caerleon(ニジンスキー)

Lord Gayle(サーゲイロード系)

特に近年はディープインパクト産駒が馬券圏内に入ることが多いですね。サンデーサイレンス系としては他にはハーツクライやステイゴールドといった長い距離に適性を持った血統が良さそうです。

その他の血統としてはキングカメハメハを除くミスプロ系が少ないのかなという印象。逆にロベルト系が母系に含まれることが多そうです。

あと少し気になるのは、ハイペリオン系やハンプトン系といった亜流の血統の名前が母系にちらほら見かけることくらいでしょうか。

 

今日のまとめ

皐月賞は荒れた結果となりましたが、15着までが着差1秒以内にひしめく大混戦といったイメージが残ります。その勝ち時計は157秒台とかなり早かったことからマイル志向のレースになったのではという考えが成り立つのではないでしょうか。

そのため道中の流れにも左右されるでしょうが、ダービーでは着順がガラッと入れ替わることも視野に入れたいと考えています。

まずは皐月賞馬アルアインの取捨をどうするか。上記の理由からこの距離のスタミナ勝負では厳しいと見て無印とする気満々でしたが、血統的には奥深さも見られてあっさり勝たれても不思議じゃない感じもしてきて迷っています。

ただし皐月賞2着のペルシアンナイトの方は無印の予定。ゴールドアリュールの近親馬でこの距離の芝GIでは良さが出ないのではないかと。。

皐月賞3着のダンビュライトはここでもひょっこり3着あたりに入ってきそうなイメージはありますね。皐月賞4着のクリンチャーはすみれS 1着馬の成績が悪すぎるが気になります。

現在のところ、スワーヴリチャードに重い印を打つ予定です。皐月賞前に重賞で2度好走の同馬、それまでのレースではメンバー中上位の上がりを繰り出していたのが皐月賞ではその末脚が見られませんでした。やはり、流れが合わなかったのかと。血統的にもハーツクライ産駒で、やや軽い印象の母系とぴったり合うのではないかなあと考えています。

あとはカデナも皐月賞前に重賞連勝していますから侮れない存在ですね。

他路線組では青葉賞勝ちのアドミラブルがディープインパクト産駒で母父シンボリクリスエス、近親に活躍馬がたくさんいる血統ということもあって傾向的にも好走の可能性が一番高いのではないかと考えています。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

カウンター

ブログパーツUL5

twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM